VWゴルフ5 トルコン太郎でDSGオイル圧送交換 変速ショック改善 東京三鷹ワイズガレージ

サブページメイン画像

変速ショック改善ゴルフ5 GTI
DSGオイル圧送交換トルコン太郎SWAG使用

 フォルクスワーゲン独自の機構、DSGミッション

問い合わせフォームよりDSGオイル交換の、トルコン太郎を使用しての圧送交換が可能かどうかお問い合わせいただきました。
はい、もちろんです。ワイズガレージでは車種専用アタッチメントを使用して圧送交換が可能です。

こちらのゴルフ5から搭載されましたDSGトランスミッション。
詳細はググってもらうとして、簡単にいうとダブルクラッチによって癖はあるけど、変速速度が速くクラッチのつながりがなめらか、という当時最新のミッション機構を採用しました。

ところがこのDSG、A/Tよりも繊細なシステムなため様々な理由から変速ショックが起こりがちなミッションとしての位置付けとなってしまいました。
リコールとまではいきませんでしたが、サービスキャンペーンにてトランスミッション交換を施工される事態となるほど、ひそやかに大騒ぎでした。(数年前当時のお話です)


 安心のサプライヤーSWAG社製を使用してコストダウン



画像は、オイルクーラー内に設置されているDSGオイルフィルター。
Oリングももちろん同時交換。

人間でも、体の新陳代謝が悪くなると疲れやすくなったり、お肌にトラブルが出てきたりと様々な影響が出てきますよね。
老廃物が排出されなければ悪影響があちこちに出てきます。

使用するフルードは純正でももちろんいいのですが、トルコン太郎を使用しての循環圧送交換の際には大量のフルード(容量の倍量~20リットル目安)を使用するため純正DSGフルードを使用すると高額になりがち。
そこで、ワイズガレージでは適合車種にはSWAG社製のギアオイルをお勧めしています。

今回のお車は5万km走行に近く初めての交換のため、オイルパンを脱着してのオイルパン内部の鉄粉やスラッジの清掃、ストレーナの交換も施工するため、こちらもSWAG製のパーツをご用意。

 輸入車のフルード交換はアタッチメントが必要だったりします

もともと、各社メーカーやディーラーでは「A/Tフルードは未交換でOK」というのが通例ですが、車がそれに耐えうる性能を備えているわけではありません。

「A/Tフルードは未交換で大丈夫」、は神話です。

車でも、ATFやCVT、DSGフルードを交換することにより、乗り心地の改善と合わせて燃費もよくなります。



ワイズガレージで推奨しているDSGオイル交換は、もちろんトルコン太郎を使用して循環式で圧送交換します。
オイルクーラーへアタッチメントをセットします。

トルコン太郎での交換は、交換といってもトランスミッション内の鉄粉やスラッジをトルコン太郎内に設置してあるストレーナでろ過しながら、トランスミッション本体の隅々やパイプ内に残留する汚れたフルードも交換ができるため、かなりの交換率です。
今回はオイルパンも脱着してストレーナも交換するため、かなりリフレッシュになります。


車の内部の機構パーツがほとんど金属で構成されていて、その緩衝材の役割としてのオイルやフルードのため内部には削れた金属などが浮遊しています。
そのスラッジや鉄粉などが蓄積したオイルパン内部をご覧に入れたかった!

オイルパンの内部の画像は撮り逃したため、別のメンテナンス事例でご覧いただけると幸いです。
 →トルコン太郎圧送交換メンテナンス事例一覧

 2パイプで廃油と新油が混ざらないようなシステム

 トルコン太郎へ接続

 トルコン太郎で交換スタート!

いつもいつも動画を撮ろうと意気込みますが、なかなか他業務もこなしているとタイムリーに撮影が出来なかったりして、今回も漏れなく撮り逃してしまいました。

早く動画を撮ってアップしたい!

無事にDSGオイルを循環交換して、作業はすべて完了です。
これでまたしばらくは気持ちの良い変速を感じることが出来るはずです。

交換後は細かく感じていたアクセルを踏んで発進の際のジャダーと、止まる直前のショックはすっかり解消


ご利用ありがとうございました!
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス

 トルコン太郎圧送交換 ATFCVTDSGDCTPDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ


【圧送交換とは?】
ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージでは圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
■ATFに限らず、CVTF、DCT、DSG、PDKも圧送交換可能
■CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



圧送交換のお問い合わせは随時受付。
お気軽にご相談ください。

【 How toお問合せ 】
お問合せの際は、下記車両データをご連絡いただくと、適合確認や工賃などのお見積りがスムーズです。
問合せフォームなどでお問い合わせいただく際は、下記内容をコピペにてご使用ください。

【車検証データ】
1.初年度登録:平成or令和   年   月

2.車名:

3.車台番号:

4.型式:

5.原動機の型式:

6.現在の走行距離

7.症状などがあればその詳細


上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください。
お電話またはお見積りフォーム・お問い合わせフォームからお気軽にご相談、ご質問ください。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる