ステップワゴンRK5 13万kmK過走行でもトルコン太郎でCVT圧送交換 東京 ワイズガレージ

サブページメイン画像

RK5ステップワゴン トルコン太郎でCVTフルード圧送交換
13万km過走行でも圧送交換なら施工可能

フラッシングを添加してエンジンオン

オイルパンを剥がす前にCVTフルードを抜きます

こちら、取り出した廃油

抜けた廃油はおおよそ5リットルくらい

 ご来店前にメールにてお見積もり&打合せ

2022年2月7日最終更新

ホンダステップワゴン
■DBA-RK5
■平成24年式
■走行距離 13万5,000km


トルコン太郎でのCVTフルード交換依頼にてご来店いただきました。

ご来店前に、メールで料金等のお問い合わせをいただき、打合せもしていたのでご入庫の際には車をお預かりするだけ、というスムーズさ。
ホンダのステップワゴンは走り出しのジャダーや変速ショックが出やすいことが認識されていますが、なかなかCVTFの定期交換をしている人は少ないようです。

走行距離は約13万km走行。
特に違和感や変速ショックを感じているわけではないけれど、中古で入手したばかりなのでトルコン太郎でのCVTフルード交換を経験してみたくて、とのご相談。


RK5に限らず、ステップワゴンは人気のある車種ですがネックがトランスミッション。

ジャダーや変速ショックが出やすい傾向にあります。
だからこそ定期的なCVTフルードの交換が好ましいのですが、なかなかCVTフルードを交換してくれる店舗も年々少なくなってきているようです。

トルコン太郎での圧送交換のみのベーシックコースにてご案内しようとしましたが
仕事でも使用していて、これからもしばらく長く乗っていきたいのでスペシャルコース(オイルパンを脱着クリーニングを含むコース)をご希望にて承りました。

 ATオイルパンを脱着・クリーニングのご提案

圧送クリーニングの際には、圧送交換のみの【ベーシックコース】と、圧送交換+オイルパン脱着・鉄粉等のクリーニングを含む【スペシャルコース】とをご用意しています。

日本車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンストルコン太郎圧送交換ページ
ホンダ車 メンテナンス一覧

今回のご希望はまだしばらく長く乗り続けていく準備でのAT内部のリフレッシュのため、オイルパンを脱着しての鉄粉やスラッジの清掃やストレーナ交換を含むスペシャルコースにてご希望・施工の段取りとなりました。
その際、オイルパンのガスケットは再利用できないため新品のガスケットもご用意。

あと、ピンク色のフィルターはATオイルクーラーに位置するものですので、こちらも必ず交換します。
CVTには多く使用されているこのフィルター、かなり大切です。
せっかくCVTフルードを交換する際にこちらのフィルターを交換しないのはお勧めしません。

※※※同じRK5でも年式やシリーズでオイルパンの設定が無い車両もあるため、圧送だけのご提案のみの場合もあります。

 オイルパンを取り外し

交換作業を開始する前に、ウィンズのX-TEND AUTOMATIC TRANSMISSION FLUSH【オートマチックトランスミッションフラッシュ】でのフラッシング剤を添加してしばらくエンジンオン、トランスミッション内に添加剤が行き渡りその性能を発揮できる時間(裏面の注意書きにある10分以上~)稼働させます。
※※こちらのフラッシング剤は圧送交換の際にしか使用できませんので、通常交換(ドレンアウト交換)の際には使用不可です。

そしてフルードが抜けたらオイルパンを取り外します。
この状態になっても、まだ各CVTフルードが通るホースやトランスミッション細部にも毛細管現象によって汚れたフルードはとどまっている状態です。
作業中、ずっとポタポタと廃オイルがしたたり落ちてきます。

 ATストレーナ新旧比較

手前が新品ストレーナ、奥が取り外した旧ストレーナ
旧ストレーナは、内部のフィルターは真っ黒な状態。

マグネットは専用スタンドにセットされています

左:クリーニング前鉄粉付きマグネット
右:クリーニングして再利用予定マグネット

 取り外したオイルパンの内側

黒く流れる液状のものは、CVTフルードと混ざりあった鉄粉やスラッジの異物です。
オイルパン内部の突起部分にマグネットがセットできるようになっています。

強力磁石で出来ているマグネットは、ちょっとやそっとの力では取り外せません。
こちらもしっかりと鉄粉を除去、再利用します。
左・清掃前  右・清掃後
左は鉄粉がみっしりと付着し、もっと細かいスラッジなどがフルードと相まってヌメヌメとした状態です。
ATオイルクーラーに設置されているフィルターも交換しましたが、こちらも同じくヌメヌメと真っ黒の状態でした。

鉄粉は主にマグネットに吸着されますが、その他のスラッジはオイルパンに滞留するかフルード内を浮遊します。
その浮遊する鉄粉やスラッジが、トランスミッション内、バルブボディ等の細かい部分に詰まったりすることでトランスミッションのショックや不調を招きます。
そのため、過去未交換や過走行のATF交換が断られる原因になります。
ですがご安心ください。トルコン太郎ではそのフルード中に浮遊する鉄粉やスラッジを圧送しながらクリーニングすることが可能なため、過去未交換でも10万km以上の過走行車両でも対応することが出来るのです。

日本車の優秀だなーと思うところが、大体の部品は再利用ができるように作られているところです。
ヨーロッパ車の一部車種(主にBMW)などではオイルパン自体にストレーナが設置されているためAssy交換になることもあります。(それだけで数万円!)

オイルパンガスケットは用意したものを使用します。
CVTフィルター(トランスミッション外に設置)も交換完了しています。

 CVTフルードを充填

オイルパンをしっかり取り付けたら、次はCVTフルードをトランスミッション内に充填します。
こちらのRK5はトルコン太郎圧送交換の際にアタッチメントが必要なため少々セットにお時間がかかります。
そうなんです、このアタッチメントのあるなしで圧送交換の可否が決まります。
ワイズガレージではそのアタッチメントは各種取り揃えていますのでご心配ありません。

使用のCVTFは純正オイルを使用することを推奨されていますが、純正フルード以外のフルードが使用できないわけではありません。
もちろん、純正フルードしか使用できないトランスミッションもありますが、しっかりと情報を精査して判断すれば社外CVTフルードも使用できることもあります。

 トルコン太郎参上 圧送交換開始

今回使用するフルードはホンダ純正。
CVTフルードの新油は熟成した日本酒のような色、サラサラ質感です。
オイルパンの取り付けが完了しましたら、フルードを充填してトルコン太郎での圧送交換を開始します。
各ホースを接続しまして、圧送交換開始。

圧送交換はドレンアウトよりも油量を多く使用するので、その分費用は掛かりますが効果は比べ物になりません。先述しましたが、交換後のその変化はトルコン太郎での圧送後は効果が体感が出来るので満足度も違います。

ワイズガレージでは圧送の回数をこまめに設定し段階的に施工して、途中段階でCVTF状態を確認しながら圧送するので、交換が足りなかったり過剰だったりすることが避けられます。

そしてそんなことが可能なのが、このまーるいドーム型のモニター。
左 新油モニター・・これから圧送される新しいCVTFが見えます
中 クリーニングモニター・・現在、トランスミッションに充填されているCVTFが見えます
右 廃油モニター・・トランスミッションから抜き取られた廃CVTFが見えます(AT内には二度と戻りません)


廃油モニターに見えるオイルが、現在のトランスミッション内に充填されているCVTFです。
かなり真っ黒。
この状態でトランスミッションが稼働してたかと思うと、なかなかにあまり気持ちの良いものではありませんね。


トルコン太郎ではCVTFを少量ずつ自動的に抜きつつ、新油を充填していきます。
圧送ではエンジンを稼働してトランスミッションを動かしながら交換するため、バルブボディや各ホース類の内部に残留するATF(おおよそ2~3リットルかそれ以上)を、圧送しながらすべて新油に交換していきます。トルコン太郎の偉いところはその浮遊している鉄粉やスラッジもストレーナを通してろ過していきます。
2ラインのため廃油はそのまま廃油缶へ排出されますので、ミッション内に再び戻ることはありません。

 廃油モニターの状態は着々と変化が

廃油といっても、先ほどオイルパンを取り外した全段階で既存のフルードは全体の5割ほど抜けていますので、一番右側の廃油モニター内の黒いフルードはAT内細部にまだ残留していた廃フルードと混ざりあってこの状態に黒くなっています。

ということは、ATFの下抜きの通常交換ですと交換直後でもこの状態ということなんです。

 クリーニング中


今回はオーナーのご希望で1ペール20リットルを使用出来たので、しっかりと圧送交換出来ました。
新油までのきれいさまでは取り戻せなくても、限りなくきれいな状態へ近づいたのを確認して、作業は完了です。

今回の施工は予防整備的な位置づけでしたが、トランスミッション内のスラッジ等を取り除いたので、次にCVTフルードを交換するのは3~4万km先です。
交換後の試乗では、変速の繋がりが作業以前よりもスムーズになった、と体感していただけました。


ご利用ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 トルコン太郎圧送交換 ATF・CVT・DSG・DCT・PDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ

【圧送交換とは?】

ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージでは圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
■ATFに限らず、CVTF、DCT、DSG、PDKも圧送交換可能
■CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



圧送交換のお問い合わせは随時受付。
お気軽にご相談ください。

【 How toお問合せ 】
お問合せの際は、下記車両データをご連絡いただくと、適合確認や工賃などのお見積りがスムーズです。
問合せフォームなどでお問い合わせいただく際は、下記内容をコピペにてご使用ください。

【車検証データ】
1.初年度登録:平成or令和   年   月

2.車名:

3.車台番号:

4.型式:

5.原動機の型式:

6.現在の走行距離

7.症状などがあればその詳細


上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください。
お電話またはお見積りフォーム・お問い合わせフォームからお気軽にご相談、ご質問ください。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる