三鷹市 BMW 320iエンジンチェックランプ点灯 キャタライザ硫黄化 LIQUI MOLYで触媒洗浄 ワイズガレージ 山吹自動車

画像

  • HOME
  • 修理・整備
  • BMW 320iエンジンチェックランプ点灯 キャタライザ硫黄化 LIQUI MOLYで触媒洗浄

BMW 320iエンジンチェックランプ点灯 冷間時エンジンが振れるなどの症状 キャタライザ硫黄化 LIQUI MOLYで触媒洗浄・燃焼

 車大国ドイツからやってきたLIQUI MOLY DPFメンテナンス&クリーニングキット

2020年12月25日

エンジンチェックランプが点灯にてご相談&ご来店いただきました。
エンジンチェックランプが点灯といっても、その原因はお車によってさまざまです。
O2センサーの不良、イグニッションコイルの不良によるミスファイアなどいろいろありますのでそれを特定するにはテスターと一般的に呼ばれる故障診断機が必要です。

エンジンをかけてすぐなど、エンジン冷間時にブルブルとエンジンが振動に見舞われるという症状です。
早速テスターでチェックランプ点灯の原因を見てみましょう。

BMW メンテナンス一覧
エンジンメンテナンス一覧はこちらのページでご覧ください

 診断機でのチェック

メモリーされているキャタライザーの硫黄量
排気ガス温度(キャタ後)バンク2 の表示が。

 DME DeNox キャタライザー、硫黄化の表示

こちら、キャタライザー(触媒ともいわれます。ディーゼルですとDPF)内が硫黄化している、との表示です。
排気ガスに含まれる様々な成分を含むススが触媒内で蓄積して起こる症状です。

エンジンチェックランプの点灯は、
点灯=すぐにエンジンが壊れる
ということではありません。(すぐにエンジンがかからなくなる症状もありますが、それには複合的な原因があります。過去の整備の履歴、車の個体差、運転方法のクセなど個人差も関わります)

エンジンチェックランプを点灯させるのは車のコンピュータの仕事です。
そのコンピュータが車全体の状態をチェックし異常な数値を発見したら「環境汚染につながる症状が発生しているから、その原因を人間がチェックして修理してね!」というサインをチェックランプでお知らせしてくれているのです。
ただそれらは数値でその症状を確認できる整備内容に限ります。

エンジンの動力を各方面に伝える重要な役割を担っているファンベルトやタイミングベルトなどの機械的な部品が劣化していても、エンジンチェックランプは点灯しませんよね。
その部分は、期間的な判断によりインスペクションランプや表示で【定期点検時期を過ぎています】と安全確認をお知らせしてくれるんですね。

 LIQUI MOLYタンクスプレーガン

さて、このDPFキャタライザー硫黄化、通常ですと解消するには触媒交換で30~40万円のお見積もりが出がちです。

ですが、触媒に30~40万円って、、、かなり思い切らないと決断できないお値段。
車検整備が諸費用込みであと2回くらいできちゃうお値段よね、、、と思案しますよね。

これからも車を大切に長く乗っていきたいお気持ちのあるオーナーのご期待にお応えすべく、今回は硫黄化の解消が可能な LIQUI MOLYが活躍します。
こちらは、ディーゼル先進国のドイツからやってきたDPEメンテナンス&クリーニングシステム。

商品説明から抜粋して。エコを意識してフォントはグリーンで。
・DPFを車体からとり外さずクリーニングし、DPFの寿命を飛躍的に伸ばします
・現状の触媒を再生させ、大幅なコストダウンが可能
・ベンツなどの尿素SCRシステム装着車を含むすべてのDPF装着車に施工可能
・クリーニングの際に通常の排気ガス以上の有害物質を排出させない!
・ヨーロッパ各国、アメリカ、カナダ、アジア各国で長年の実績
・アメリカで【ベストプロダクト賞】を受賞


通常30~40万円かかる費用を、3分の1ほどに抑えて施工が可能です。(当社比)
オーナーに上記のご説明をし、施工の運びになりました。

 さて、作業に着手します

こちらは施工方法がいろいろとあるのですが、ワイズガレージでは大きな効果を得られる方法を考え最善の施工をします。
そしてその研究の結果が作業内容のため作業工程は企業秘密にて。

この時に、画像1枚目に登場したDPFクリーナ(大)、DPEパージ(小)を専用のスプレーガンで触媒の当該箇所へ溶剤を直接噴霧します。
クリーナでフィルターに焼き付いて燃え残ったススを溶かし、定着するまで時間をおき追加のパージで中和させながら溶かしたススを浮かし燃える状態にします。

 その後強制燃焼します

テスターで確認しながら強制燃焼をかけます。

そして、この強制燃焼の際には真っ白な水蒸気が出てきます。

 徐々に水蒸気が多くなっていき

 どんどん

 じゃんじゃん

ものすごい排気ガスのように見えますが、ほぼ水蒸気のため嫌な臭いではありません。
ただ、溜まっていた硫黄が燃焼しているため卵のような大涌谷のような臭いを若干感じます。

そして、強制燃焼を終えたエンジンはというと、一度車を落ち着かせて冷やしエンジンを始動して確認。
全くブルブルすることがなくなりました。
もちろんテスターにても最後に状態をチェック、エラーコードが出ないことを確認、試乗をして走行状態もしっかりチェック。

これで作業は完了です。
オーナーにお渡しした後も、ブルブルの体感もなくなり快適に運転できるようになったとのことです。
ご利用ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



点検・整備のトップページはこちらからどうぞ

車種別メンテナンス事例一覧ページ

修理・整備・車検・点検一覧

エンジンメンテナンス一覧

インテリア・エクステリア一覧

ブレーキメンテナンス一覧ページ

タイヤ持ち込み交換一覧

バッテリー持ち込み交換一覧

マフラー交換、メンテナンス一覧

足回り交換、メンテナンス一覧


お問い合わせ、ご相談受付随時

【 How toお問合せ 】

お問合せの際は、下記車両データをご連絡いただくと、部品や工賃などのお見積りがスムーズです。
問合せフォームなどでお問い合わせいただく際は、下記内容をコピペにてご使用ください。

【車検証データ】
1.初年度登録:平成or令和   年   月
2.
車名:
3.
車台番号:
4.
型式:
5.
原動機の型式:
6.
型式指定番号:
7.
類別区分番号:


上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください。
お電話またはお見積りフォーム・お問い合わせフォームからお気軽にご相談、ご質問ください!

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 

携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります

■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業時間変更のお知らせ~
6月1日より通常の19時閉店に変更しました

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる