トルコン太郎でフォルクスワーゲンビートルのATF圧送交換施工 東京 ワイズガレージ

サブページメイン画像

トルコン太郎ATF圧送交換
フォルクスワーゲン ビートル

 車検でご入庫のビートル

車検整備にてご利用、ATFの汚れが目立ったため圧送交換での交換をお勧めしました。
特に不具合があるわけではありませんが、リフレッシュにてご案内。
オイルメンテナンスは定期的にこまめに施工するとお車の持ちも違ってきます。

特に駆動系のトランスミッションのメンテナンスは、乗り心地を司る部分であることはもちろん燃費にも影響を及ぼします。

ATでアクセルを踏んだ時に次のシフトまで引っ張るような感覚、アクセルの反応が遅くなったと感じ始めたら圧送交換お試しのタイミングです。

トルコン太郎は大掛かりな整備と思われがちですが、圧送交換のみのベーシックコースですとご来店当日数時間での施工完了可能な整備です。

輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス

 圧送交換には専用のアタッチメントが必要

トルコン太郎での圧送交換自体がまだまだマイナーな整備なのでしょうがないのですが、その理由があるのです。
トランスミッションには日本車に多いATやCVTをはじめ、輸入車でよく使用されているDCT、DSGなど様々な種類がありその形状は様々、圧送交換をするためのオイル抜取口と挿入口のアタッチメントが膨大に必要、そしてそのアタッチメントを取り揃えるには莫大な費用が掛かるため、施工したくてもできないという現象が起こります。

ですが、ご安心ください。
ワイズガレージでは輸入車のトランスミッションでも対応できるようそのアタッチメントをご用意しています。
こちらのビートルのクーラーラインにアクセスするためには、エンジンルーム内のパーツをいくつか取り外す必要があります。
フォルクスワーゲン車両は輸入車の中ではナンバーワンにアタッチメント取り付けに手間暇がかかりますね~。

今回使用のATFは、ワコーズのセーフティスペックを使用します。

 圧送交換開始

トルコン太郎では廃油を抜くホースと新油を圧送するホースは分離しているため、決して廃油と新油が混ざり合うことはありません。
圧送交換する油量を設定して、クーラーラインモードで圧送交換・全自動交換スタート。
設定した油量(まず1回目は7リットル)までは、自動的に圧送交換をしてくれます。

圧送交換をしながらもトルコン太郎に内蔵されているフィルターを通しスラッジや残留物などをろ過してトランスミッション内に圧送循環させています。

 これがトランスミッション内の廃油の状態

トルコン太郎のモニター(透明のドーム型のもの)は、それぞれのフルードの状態が見られます。

一番左が 新油モニター
真ん中が クリーニング中のオイルモニター
一番右が 廃油モニター


画像は圧送交換当初にトランスミッション内から抜き取られ始めた廃油です。
数万㎞は未交換だったため、その色は真っ黒です。

 圧送交換中

廃油を抜き取りながら、新油を給油してく作業が続きます。

 2回目の圧送交換ではすっかりきれいに

圧送交換を2回施工しました。
かなり真っ黒だったため、多量のオイルを使用する可能性を考え油量は大目にお見積りしていましたが、圧送にかかる油圧の状態も申し分なくトルコン太郎もしっかりと圧送することが出来たようで、2回目のクリーニング中にはほとんど新油と変わらない状態まで交換が完了。
クリーニングモニター内のATFが、現在のトランスミッション内ATF状態のため、しっかりと交換できたことが分かります。

今回は定期交換のため違和感やショックなどがあったわけではありませんが、乗り慣れた車がアクセルを踏んだ時に反応に変化を感じていただけるようになりました。

変化を感じていただけたようでよかったです。
ご利用ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トルコン太郎圧送交換 ATF・CVT・DSG・DCT・PDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ
【圧送交換とは?】
ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージではクーラーラインモードの圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
■ATFに限らず、CVTF、DCT、DSG、PDKも圧送交換可能
■CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

以上が、トルコン太郎で施工できる整備の違いです。
かなり内容が異なりますのでお間違いないようお気を付けください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離
・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。


ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる