ボルボV60のよくある変速ショックやジャダーはDCTオイルをトルコン太郎で圧送交換すれば解消出来ます 東京 三鷹 ワイズガレージ

サブページメイン画像

ボルボV60 トルコン太郎でDCTオイル圧送交換
不快だった細かいジャダーや変速不調を一挙解消
走行距離浅めの40,000kmでも不調は出ます

 燃費にも影響、ガソリン消費を少しでも抑えたい方にもお勧めの整備

非常に多い、ボルボDCTの変速ショックはオイル交換で解消可能です。

東京は小平市からのご利用。
■ボルボV60
■DBA-FB4164T
■平成24年式
■走行距離 約40,000km


初度登録が平成24年ですから9年経過、総走行距離はまだ約40,000kmを超えたところです。
■中古車で購入して間もなく、過去のDCTオイル交換履歴も不明なためリフレッシュをご希望
■大きな不調はないが走り出しに細かくブルブル震える感じが気になる(こちらがいわゆるジャダーと言われるものです)
■たまに止まる直前でドン!とショックが来る
■これから長く乗り続ける予定


「ただオイル交換をするだけで何も変化はないだろうけれど、やらないよりもやった方が良いだろう」というお気持ちでの今回のご依頼でしたが、最初にネタバレですが交換後はオーナーは愛車の乗り心地に大きな変化を感じることになります

ボルボ トルコン太郎圧送交換事例一覧
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス



①DCTオイルフィルター新品

②DCTオイルフィルターからオイル漏れ発見

③DCTオイルは社外オイルを使用

④万能添加剤SOD-1

 DCTなのでSWAGのオイルを使用します

①新品DCTオイルフィルター・・DCTはオイルパンの設定がなく、外付けのDCT用オイルフィルターの交換が必要です
②既存のDCTオイルフィルターがオイルまみれになっていました。期せずして交換時期だったようですね。
純正オイルは高額で定期交換お試しにしては少々ハイコスト。そのためOEM製品のSWAGのギアオイルにてご提案しました。
④万能添加剤SOD-1。ハイクオリティな添加剤です。油量全体の7%量を添加します。



ここからはDCTの説明ですので、ほかのブログと重複する部分がありますがご覧ください。
先程から話題に上がっているDCTとは、高性能車や高級車に装備されることが多いデュアルクラッチトランスミッションの略です。
こちらが駆動効率が非常に高い反面、構造が複雑・そして重量があり・なかなかコスト面ではデメリットが多いというのが大きな課題のよく言えば進化途中、悪く言えばまだまだトラブルも多いシステムです。
ボルボでの変速ショックやシフトチェンジ(PからD、RからDなど)の際のショックにお悩みの方は想像以上に多くいらっしゃいます。

トルコン太郎での圧送交換のメリットなどをご説明して、実際に施工のご依頼をいただきました。
今回のV60はDCTオイルの定期交換にてトルコン太郎圧送交換のみご希望のため、油量は当初は16リットル提案でしたが万全を期したいとのこと、状況に応じて追加のオイルもありの状況でしっかりと施工します。

 ⑤圧送交換用のアタッチメントを取り付け圧送交換開始
抜取量1.7 給油量0.0

トルコン太郎圧送交換スタートから、早速真っ黒なDCTオイルが抜けてきました。

圧送交換には車種専用のアタッチメントが必要で、車それぞれのクーラーラインが全く面白いくらいに違うため、それ全てに対応するためには軽く150種類を超えるアタッチメントが必要になります。そしてまたそれが一つあたり数万円するため、なかなか全てを揃えることは至難の業というより不可能です。
ですが、その問題をクリア出来たのでこうして圧送交換を提供することが出来るようになりました。

⑥抜取量1.7 給油量0.0

⑦抜取量2.5 給油量0.5

左 新油モニター
中 クリーニングモニター
右 廃油モニター


まずは1回目の圧送交換です。

廃油モニターに見えるオイルが、現在のトランスミッション内に充填されているDCTオイルです。
この10年間使用しているDCTオイルを少量ずつ自動的に抜きつつ、新油を充填していきます。
圧送交換ではエンジンを稼働してトランスミッションを動かしながら交換するため、いきなり全部のオイルを抜いていきなり新油をドバっと入れるわけではありません。(そんなことをしたらトランスミッションが壊れてしまいます。)
2ラインのため廃油はそのまま廃油缶へ排出されますので、ミッション内に再び戻ることはありません。

⑤、⑥と⑦の画像でご覧いただける通り、廃油は真っ黒。このオイルが先程までトランスミッションに満たされていたのですね。
ちなみに新油のDCTオイルはご覧の通り透明な薄い黄色です。

 ⑧抜取量3.0 給油量1.1

3リットル抜き取られ、新油が1.3リットル充填されている状況です。
廃油モニターの色が次第に変わります。
今回、18リットルの予定ですのでまずは8リットル設定で交換しています。

 ⑨取量量5.2 給油量3.5

着々と圧送交換が進んでいます。

 ⑩1回目の圧送クリーニング完了 抜取量8.0 給油量8.0

1回目の8リットルで設定した圧送交換が完了しました。
圧送交換が終わったら10分間ほど内部循環でクリーニングを自動的に施工します。
トルコン太郎内部に設置してあるフィルターを循環させてのクリーニングです。

クリーナーモニターに見えるオイルが、トランスミッション内のオイルの状態です。
まだ茶色く見えます。

ですが、下抜き交換の場合は8リットルでもここまでキレイにはなりません。
まだあと1回追加の圧送交換があります。どんな変化がみられるでしょうか。

 ⑪2回目の圧送交換開始!抜取量0.2 給油量0.0

1回目のクリーニングが完了したら、続いて2回目の圧送交換スタートです。

⑫抜取量5.9 給油量4.5

⑫抜取量8.0 給油量7.0

 廃油の抜き取りが終わったら自動的にクリーニング開始

 ⑬2回目の圧送交換完了、クリーニング中

2回目の圧送交換も8リットルで圧送。
⑩の画像と比較すると、その差は歴然です。
iPhone(11ですが、、12Proが欲しい今日この頃)の性能が良すぎるのか色味にちょっと違いが見えますが、目視ですと新油とほぼ色味は変わりません。
トランスミッション内のオイルをはじめ、各ホース内の廃油を圧送できたということですね。
言葉でいろいろと説明するより、画像を見ていただくのが一番わかりやすく理解も早い。

あれ?あとの2リットルは?とお思いの方鋭い!
そうですあとの2リットルはトランスミッションの油量調整で必要なため取り置きしてあるわけです。

これでほぼ圧送交換は完了です。あとは添加剤のSOD-1を入れるのを忘れずに。

油量の調整とトランスミッションの最終調整にはテスターを使用しなければならないため、テスターがないとこの圧送作業はできません。

画像⑥の時点のオイル色と比べてみると大きく変化しました。


交換後、試乗していただきました。

圧送交換後、ショックの変化があったかどうかの確認のためオーナーの運転に試乗に同乗させてもらいました。運転する人が変わるとその運転のクセも変わるため、わたくしどもの試乗確認時では出なかったショックが出たりするためです。

今まで乗ってたいて「そういうものなんだろうな」と思っていた感覚がまったく違うのもだったということが分かったそうです。乗り心地とスムーズさに大きな変化が。

■散発的に発生していた小さなジャダーがなくなり、ストレスを感じなくなった
 ・発進時、アクセルを軽く踏んでも即座にレスポンスを感じるようになった! 

 ・シフトアップ時の引っ張り感、無駄なアクセルワークが必要なくなった
 ・ステアリングを曲げた状態で停止からの発進時のタイムラグがなくなった

 ・これが本来の乗り心地なんだ、と改めて感じました

と、大変喜んでいただきました。
ご利用ありがとうございました。



ボルボのDCTショックのご相談は非常に多いです。
そして、その多くはオイルの劣化によるものがほとんどです。
ショックを感じ始めるともう症状は進行しているため、そのまま何もせずに走り続けているとショックが大きくなり次第に変速しなくなり、最終的にはトランスミッションを交換するしか方法がなくなってしまいます。
車の取り扱い説明書にはDCTオイルの定期交換は記載されているので基本的には交換も出来るのですが、あまり交換を提案される機会もないようです。

輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス

そんな状況になる前に、ワイズガレージではトルコン太郎を使用して圧送交換でトランスミッション内部をクリーニングすることが可能です。
なぜなら、適合するアタッチメントをご用意しているからです。
お気軽にお問い合わせからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トルコン太郎圧送交換 ATF・CVT・DSG・DCT・PDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ
【圧送交換とは?】
ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージではクーラーラインモードの圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
■ATFに限らず、CVTF、DCT、DSG、PDKも圧送交換可能
■CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

以上が、トルコン太郎で施工できる整備の違いです。 かなり内容が異なりますのでお間違いないようお気を付けください。


ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離
・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる