BMW523i トルコン太郎でATF圧送交換交換&ATFオイル漏れ修理 東京 三鷹 ワイズガレージ

サブページメイン画像

トルコン太郎ATF圧送交換走行距離 104,000km
BMW523i ATF漏れ修理も

 ATフルード漏れに伴いトルコン太郎でATF圧送交換


桜もそろそろ満開かな?の雰囲気です。
毎年3月は車業界では登録や車検やらで1年で一番忙しい時期のため、お花見というと車移動の際に愛でるくらいです。
お花見っておいしいの?レベルです


今回ご入庫のBMW523iも車検点検にてご入庫いただきました。
当初はATF圧送交換は予定にもありませんでしたが、車検点検の際に重度なATFオイル漏れ見られ、オイルパンの脱着が必要と判断、併せてトルコン太郎での圧送交換をお勧めしました。

輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス


①ATオイルパンからのオイル漏れで滲むATF

②新品ATオイルパンASSY

 走行距離は約11万km

オイル漏れの原因は走行距離と年式(初度から15年経過)から、ガスケットの劣化によるものです。


ストレーナとオイルパンが一体型のため部品を取り寄せ、オイルパンを脱着するためおのずとスペシャルコースでの施工です。
純正ATFは高額で、多量にフルードを使用する圧送交換には不向き、そのため適合確認が取れているワコーズのセーフティスペックにてご案内しました。
過去の交換履歴も不明のため、せっかくの圧送交換でのリフレッシュですから1ペール20リットルを使用します。

ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。

【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで
汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。

【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。

③ATFは適合の取れているワコーズセーフティスペック

④ATオイルパンを取り外します

⑤取り外したオイルパン

⑥オイルパン内部の汚れ具合

 作業前から準備しています

オイルパンを取り外す前にはウィンズATフラッシュを入れ20分ほどエンジンをかけて添加剤を隅々まで行きわたらせ、汚れが落ちやすくなるように前準備をしてあります。

⑦オイルパンは新品へ

⑧圧送交換開始 抜取量1.3 給油量0.0

 オイルパンを取り付けて各圧送用ホースを取り付け

オイルパンを新品へ。
オイルパンを取り外した分のATFが抜けているので、その分の新油をおおよそ4~5リットルほど充填します。

⑨抜取量3.7 給油量1.0

⑩抜取量5.3 給油量2.3

 圧送交換スタートです

圧送交換する油量を設定、クーラーラインモードで圧送交換・全自動交換スタートします。
トルコン太郎に内蔵されているフィルターを通しスラッジや残留物などをろ過してトランスミッション内に圧送循環させます。

左 【新油モニター】新油の状態が確認できるモニター
中 【クリーナーモニター】圧送交換中のATFの状態が確認できるモニター
右 【廃油モニター】ATから抜き取られた廃ATFの状態が確認できるモニター 

一番右側の廃油モニターではミッション内のフルードの状態が見れます。
一気に入れ替えるのではなく少しずつ少しずつ交換、設定油量まで到達したら自動で圧送クリーニング交換が開始されます。

画像⑨、廃油モニターのオイルは新油が充填されたトランスミッションから抜かれたオイルですがほぼ真っ黒。
さきほどオイルパンを脱着した際に4リットルくらいは廃オイルが抜けたはずなのですが、トランスミッション内部に残留しているATFがまだまだ大量に残っているという事です。

⑪抜取量7.0 給油量4.3

⑫抜取量7.0 給油量7.0

 1回目の圧送&クリーニング完了

7リットルで設定した圧送交換が完了しました。
圧送交換が終わった後には内部循環でクリーニングを10分ほどかけつつ。

⑫のクリーナーモニター内に見えるATFが、現在トランスミッション内のATFをホースで抜き出してトルコン太郎内のフィルターでろ過しながらクリーニングしている状態のものです。

 ⑬1回目クリーニング完了時のATFの状態

クリーニングを完了したあとのATFの状態は赤味が確認できるくらいになりました。

⑭2回目圧送スタート 抜取量1.8 給油量0.0

⑮抜取量4.0 給油量1.2

 最後の圧送交換スタート

⑭2回目になると廃油モニターのATFも真っ黒ではなく、若干の赤みを確認できるようになっています。
段階的にではありますが、圧送クリーニングがしっかりと行き渡っているという事です。
今回は4リットル設定。
最初に充填した4~5リットルと1回目の圧送交換した7リットルと合わせ、あと残りは調整分やフローで抜けてしまう分を計算して2回目は4リットル設定で圧送交換。

 ⑯圧送交換完了、クリーニング中

フラッシュを焚いてしまったので、昭和感のある一枚です。(きっと事務所にはクリスタルカットの灰皿がありそうな雰囲気)

圧送交換は終わり、クリーニングをまた10分間ほどかけます。
クリーナーモニター内に見えるATFはほぼ新油と変わらない色味へ。
画像⑬と比べても違いが分かります。

 油温もフロー既定の40℃で

こちらのお車、ゲージでの規定量までの充填が確認が出来ませんのでフロー方式です。
その際に、ATFが適正温度で充填されていないと規定量以下での稼働となり、トランスミッションを傷める原因となり本末転倒です。しっかりとテスターで油温を確認して最後ボルトを締めます。
これで圧送交換作業は完了です。

車種によっては、交換後のトランスミッションのリセット作業が必要です。
交換したらハイ終了、ではなく試乗して異音や変調がないかを確認します。

今回は車検受検前の施工だったため、陸運局までの道のりを異音等を確認しながら。
交換前のシフトの繋がりまでの引っ張り感が軽減、全体的に走りが軽くなっています。


トルコン太郎での圧送交換のメリットは、クリーニングのモニターの色を新油と比較しながらクリーニングを任意でかけられるので、勘に頼ることなく正確。
トルコン太郎での圧送交換は油量は多く使用しますが、ATFの交換の進捗が目に見えて確認できるので、交換の実感をさらに感じることができます。

今回は車検と同時施工、不調は無かったもののお手元に戻った際には以前とは全く違った乗り心地になっていてビックリ。



ご利用ありがとうございました。


輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス



トルコン太郎圧送交換 ATF・CVT・DSG・DCT・PDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ


【圧送交換とは?】
ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージではクーラーラインモードの圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
■ATFに限らず、CVTF、DCT、DSG、PDKも圧送交換可能
■CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

以上が、トルコン太郎で施工できる整備の違いです。 かなり内容が異なりますのでお間違いないようお気を付けください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離
・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる