ボルボV40のジャダーやショックはDCTオイル圧送交換で解消 トルコン太郎圧送交換 東京ワイズガレージ

サブページメイン画像

トルコン太郎DCTオイル圧送交換
VOLVO V40走り出し空回り
圧送交換で解消可能走行距離46,000㎞

 中古で入手、圧送交換でリフレッシュ


お問い合わせフォームからのDCTオイル圧送交換ご依頼はボルボ V40。
神奈川県は横浜市からお越しいただきました。

■ボルボV40
■DBA-MB4164T
■2014年式
■走行距離 約46,000km


最近中古にて入手、走行距離はまだ約46,000km。ただ年式が平成26年のため初度から7年経過(2021年現在)のためオイルはそれなりの経年劣化はしている状態と思われます。

走行距離が浅くても、生産から年月が経過すれば使用されている各部パーツやオイルなどの消耗パーツも経年の劣化が必ずあります。

なぜトルコン太郎での圧送交換をご希望なのかオーナーのお話を伺いました。
★車が重く感じる
★走り出しにトランスミッションが空回りしているように感じ、アクセルの反応がズレる
★中古で入手のためこの状態が通常なのかどうかの判断がつかず過去の交換歴も不明なため、これから乗り続けていくためにトルコン太郎で圧送でリフレッシュしたいご希望


トルコン太郎圧送交換での結果はのちほど詳しくご紹介しますが、驚くほどの変化がありました。

ボルボ トルコン太郎圧送交換事例一覧
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス

①DCTオイルフィルター

②取り外したDCTオイルフィルター

③DSGオイルは高級なみりん色

④添加剤は万能のSOD-1プラスをご用意

 DCTオイル交換時にはフィルタも同時に交換

DCTフィルターはケースごとの交換です。これがまた取れづらいことこの上なし、の部品です。取り外しに適合するアダプターもなければ取り外しは絶対に不可、取り付けの際のトルクもしっかりかけられないため交換後のオイル漏れを引き起こす原因になります。
画像④DCTオイルフィルターを取り外して内部のフィルターをチェック、もちろん真っ黒です。

ですが、真っ黒だからって悪いことではありません。それまでのスラッジなどを集塵してくれていたからこそ真っ黒であるわけで、よく働いていた証です。
もちろん、この前にウィンズのATフラッシュで内部を洗浄してあります。


先程から話題に上がっているDCTとはボルボで採用されている呼称で、高性能車や高級車に装備されることが多いデュアルクラッチトランスミッションの略です。繊細なAT構造のためオイル劣化による変速ショックやシフトチェンジ(PからD、RからDなど)の際のショックにお悩みの方は多くいらっしゃいます。
日頃の乗り方などでも変わるとは思いますが、弊社にご来店いただくショックでお悩みのボルボのDCTは大体4万kmあたりから不調を感じ始めているようです。

純正オイルは高額で定期交換お試しにしてはハイコスト。高額なオイルだと油量を少なく見積もってしまい良い結果が得られないこともあり施工する意味があまりないため、適合の取れているOEM製品のSWAGのギアオイルにてご施工をご提案しました。

SWAGのDCTオイルは透明に近い薄い黄色で、とろみなどから調味料のみりんのようなイメージです。
においは動物園の草食動物エリアが鼻の奥遠くかすかに感じます。
今回は変速ショックへのお試しトルコン太郎圧送交換のみご希望のため、油量は圧送交換と最終調整分で16リットルにてご提案。


 ⑤圧送交換開始 抜取量0.5 給油量0.0

トルコン太郎圧送交換には各種アタッチメントをオイルラインに設置し、早速交換油量7リットルで圧送交換スタート。

左 新油モニター・・言わずもがな、これから圧送する新油です
中 クリーニングモニター・・クリーニング中のオイルが見えます
右 廃油モニター・・今までトランスミッションに充填されて頑張っていたオイルの状態が見えます


廃油モニターに見えるオイルが、今までトランスミッション内に充填されていたDCTオイルです。
2ラインのため廃油はそのまま廃油缶へ排出されますので、ミッション内に再び戻ることはありません。
廃油はご覧の通り真っ黒。

 ⑥抜取量5.3 給油3.6

トルコン太郎の圧送は進みます。
交換が進んでくると、一番左側の新油モニターにもオイルが準備されます。

 ⑦圧送交換完了 クリーニング開始

1回目の圧送交換が完了、オイルの色にあまり変化がないように見えますが。

交換が完了してからは自動的にトランスミッション内オイルの循環クリーニングに切り替わります。

 ⑧ちょっと色味に変化

クリーニングモニタ―の左にはDCTフィルターを交換した際に出てきた廃オイルをビン詰めにしたものを比較用に用意してみました。
クリーニングモニター内のオイルは、現在トランスミッション内に入っているオイルです。
瓶詰の漆黒廃オイルと比較してみると、クリーナーモニターのオイルの色が若干薄めの黒になっています。

 ⑨2回目圧送交換 抜取量1.6 給油0.0

1回目のクリーニングが終了したら、2回目の圧送交換開始。

 ⑩2回目圧送交換 抜取量5.2 給油3.5

全自動で圧送交換をしてくれているトルコン太郎ですが、任せっきりにするわけではなく車の状態をチェックしながらしっかり施工しています。

 ⑪⑨2回目圧送交換終了・クリーニング開始

2回目の圧送交換が終了し、また2回目のクリーニングモードでクリーニング開始です。
クリーニングモニター内のオイル色が⑧の画像と比べると変化しました。

完全に新油と同じ状態までとはいきませんが、透明感も出てきているため当初の真っ黒状態オイルと比べれば十分です。

 ⑫クリーニング終了

予定していた16リットル量(最終調整分2リットルは別)に達したため、クリーニング終了後はテスターを使用しての油温確認、その他油量調整を施工して作業は完了です。

もちろん、万能添加剤のSOD-1もしっかり油量の7%を添加しました。
こちらのSOD-1は、劣化したオイルに添加してもその性能を発揮(症状の改善等が期待できます)しますが、今回は予防的な役割での使用です。

圧送交換後、ご一緒に試乗し体感とご感想をいただきました。

■発進時や走行時に車が重く感じていたものが、スムーズな発進と加速に変化した
■走りが軽く感じる
■交換前は出だしが空回りするような感じでアクセルワークのちから加減が難しかったが、交換後はアクセルをポンと踏むとグンと進むようになり反応がダイレクトになって運転しやすくなった
■自宅近所(横浜方面)は坂や細い道が多く、上記の理由で細い道での低速運転が難しくストレスを感じていたがそれも解消すると思うと、思い切って施工してよかった

とのご感想です。

これでこれからもお車と長くお付き合いできそうですね。
今回はショックを感じるなどの大きな不調を感じていたわけではなかったけれど、交換してみたら想像以上にフィーリングが変わったという印象的な事例です。そしてトランスミッションに余計な負荷がかからなくなった分、エンジンの燃費も良くなります。

DCTオイルは未交換といわれますが、DCTオイル劣化に起因する不調を不調と感じずに乗ってらっしゃる方は多いと思います。

DCTオイル圧送交換はリーズナブルな整備ではありません。
これから数年間乗る予定の愛車を快適にする整備費用、高いと感じるかどうかはオーナー次第と思います。


ご利用ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・


トルコン太郎圧送交換 ATFCVTDSGDCTPDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ
【圧送交換とは?】
ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージではクーラーラインモードの圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
ATFに限らず、CVTFDCTDSGPDKも圧送交換可能
CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

以上が、トルコン太郎で施工できる整備の違いです。 かなり内容が異なりますのでお間違いないようお気を付けください。


・・・・・・・・・・・・・・・・

トルコン太郎での圧送交換は概算でお見積りが可能です。
車種によって使用するアタッチメントが違ったり、使用する油量や種類も異なるため車両情報が必要となります。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離
・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。


他にもDCTオイル圧送交換の事例をご覧ください



ボルボ トルコン太郎圧送交換事例一覧

輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる