画像

  • HOME
  • 修理・整備
  • メルセデスベンツ C250 トルコン太郎でATF圧送交換 ワコーズセーフティスペック使用 56,400km リフレッシュ交換 DBA-204247

メルセデスベンツ C250 トルコン太郎でATF圧送交換 ワコーズセーフティスペック使用 56,400km リフレッシュ交換 DBA-204247

 まずはお問い合わせフォームからご連絡いただきました



2021年5月28日更新

トルコン太郎のブログは内容が細かく、長くなってしまうのが悩みです。
ですので今回は簡潔に簡単に簡素にまとめてみました。

【ご依頼内容】
・購入してかれこれ10年、ATFは過去未交換
・不調はないが、これからも長く乗りたい
・リフレッシュしたい

【お車情報】
・平成22年登録 DBA-204247
・走行距離 54,600km

【施工後のレビュー】
・発進時のトルクが良くなった
・アクセルワークがダイレクトに伝わっているのを感じる
・慣れていて気付いていなかったが、2速→1速へ減速時のシフトショックがなくなった


定期交換でしたが思いがけず変化を感じていただけたようでした。

トルコン太郎での圧送交換のメリットや説明はこちら
日本車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス

 純正品ではなくWAKO'SのATFを使用

純正ATFは高額で油量を多く使用する圧送交換には不向きのため、社外ATFのワコーズセーフティスペックをふんだんに使用して圧送します。
今回は20リットルを使用予定。
リフレッシュのご予定のため【スペシャルコース】にてご依頼。オイルパンも脱着して内部を清掃予定です。
フラッシング剤はwynn'sオートマチックトランスミッションフラッシュを使用します。
トランスミッション内の汚れやスラッジを落ちやすくする添加剤です。

圧送クリーニングの際には、圧送交換のみの【ベーシックコース】と、圧送交換+オイルパン脱着・鉄粉等のクリーニングを含む【スペシャルコース】とをご用意しています。

お問い合わせフォームからの事前見積もりも可能です。
その場合は車両情報をご連絡いただいています。

【ご連絡いただきたい車両情報】
■車種(メーカー、シリーズなど)
■車両型式
■車台番号 
■原動機の型式(エンジン型式)
■現在の総走行距離
■現在気になるショックや不調など(簡単で結構です)


全て車検証に記載されています。

 オイルパンを取り外しますよ

こちらのC250は下回りがシンプルで整備性も良いので好きです。
しかも、ガスケットのみの単品供給設定がありオイルパンは再利用できるため、お財布にも優しい。

フラッシング剤で内部を洗浄し終わったタイミングでATオイルパンを取り外します。

 ATオイルパンを取り外し

 ATオイルパン内部はドロリとした印象

マグネットの周囲には鉄粉以外にもスラッジなどが付着しています。
54,000kmと走行距離はそれほど多くなくても、年式が10年経過していると経年の劣化は避けられないようです。
こちらのオイルパンはしっかりと洗浄して再使用します。

 マグネットに付着する鉄粉&スラッジ

マグネットにも鉄粉がたっぷりこびりついています。こちらも清浄して再使用します。

もちろん個体差はありますが、走行距離5万kmを過ぎたお車のオイルパン内は大なり小なりこのような状態に鉄粉やスラッジが堆積しています。

 ATオイルストレーナ新旧比較

ATオイルストレーナは小判型。意外とコンパクト。

言わずもがな、左が取り外した使用済みストレーナ。スラッジがまとわりつき、ヌルヌルしている表面です。右がこれから取り付ける新品ストレーナです。
画像はありませんが、ストレーナを交換した後はATオイルパンガスケットやドレンガスケットも新品へ交換し、クリーニング完了したオイルパンを車体へ取り付けます。

 圧送クリーニング開始

左:新油モニター…読んで字のごとく新しいATF
中:クリーニングモニター…トランスミッション内に充填されているATF
右:廃油モニター…トランスミッションから抜き取られた廃ATF


一番右側のモニターに見えるのが、今までトランスミッション内に充填されていたATFです。
オイルパン脱着の際に廃オイルを抜いたからといってもホースや細部に残った古いATFはおおよそ2~3リットルはあり、新油を入れたとしても黒いのは当然です。
赤味が確認できますが廃ATFはやはり真っ黒。
こちらを圧送しながらきれいにしていきます。
2ホースですので抜いた廃油はトランスミッションの中には戻らない構造になっています。

 比較用の廃ATFのビン詰め登場

1回目の圧送交換でかなり透明感を確認できる状態まで。

真ん中のビンに入った黒い液体は、オイルパンを取り外す際に採取した廃油です。
この黒い状態のATFが今までずっとトランスミッション内で仕事をしていたと思うと、よく頑張ったねと声をかけたくなります。

 2回目の圧送&最終的な充填で作業完了

2回目の圧送交換がスタート。最終的な充填を施工します。
クリーニングモニターに見えるATFもしっかりと新油と同じ状態へ交換が確認できました。

実は一番時間がかかるのが、圧送交換後の最終的な充填の際の油温の調整と油量の調整です。
既定の油温での充填が決められているため、油温をチェックできる専用のテスターの用意がないとトランスミッションを傷める原因になりますので最新の注意を払いながら作業施工します。
これが輸入車のATF交換が敬遠されてしまう原因の一つだと思います。

これにてスペシャルコースでの圧送交換は完了。
試乗をしましてトランスミッションから異音や異常がないかを確認し、オーナーのお手元へ。
ご利用ありがとうございます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離

・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 

携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります

■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業時間変更のお知らせ~
6月1日より通常の19時閉店に変更しました

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる