画像

  • HOME
  • 修理・整備
  • ボルボ940 トルコン太郎でATF圧送交換 ハイマイレージ17万㎞走行 平成4年 変速ショックは解消されるのか!? 9B230W

ボルボ940トルコン太郎でATF圧送交換 ハイマイレージ17万㎞走行 平成4年 変速ショックは解消されるのか!? 9B230W

圧送交換時のみ使用可能なフラッシング剤&トリートメント剤

廃オイル、定期交換していたとはいえかなり真っ黒

 新車から約30年、ATF定期交換はしていたけれど

2021年8月3日更新


今回お問い合わせのご連絡をいただきました2011年初度登録のボルボ940さま。

走行距離は約17万km。

平成4年ですので、ほぼ30年!

新車から今までも定期点検や車検整備時にはATF交換を定期的に施工していたけれど、最近ATの変速ショックが気になってずっとメンテナンスを依頼していた整備工場に相談したら、この距離でこのショックが出るのはしょうがない。だましだまし乗るか、AT自体を交換するしか対処できないとのお話とのこと。
それからネットでいろいろと検索、弊社にたどり着きご相談をいただきました。

大丈夫です。
弊社ではそのくらいの変速ショックでしたら圧送交換でしっかりATFを圧送すれば、ショックも解消可能と判断しました。

日本車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
ボルボ メンテナンス一覧

ATオイルパンガスケット新品用意

小さなガスケットまでしっかりご用意

 オイルパンを取り外して内部スラッジ等を除去

メールでのお問い合わせでしたので、メールでお見積もりをご入庫前にご連絡しています。
今回は変速ショックの症状も出ているため、オイルパンを取り外して内部のスラッジなどを除去するコースにてご利用です。

画像のオイルパンガスケットなどをご用意しました。
ただ、年式が経過した車両のため、ATオイルストレーナが生産廃止との連絡。
それなら既存ストレーナを清掃して再利用することに。
平成の初期生産車両については、こうした消耗パーツが生廃になっていることもだんだんと多くなってきました。

そして、オイルパンを取り外した部分はわたくしが電話対応の間に完了してしまっていました。
画像はありませんが、担当の話では変速ショックがある割には思ったよりもスラッジは多くなかったとのことです。
定期交換をしていたゆえだと思います。

 圧送交換スタンバイ

オイルパンを取り付け、ATFを満たし続きましては圧送交換のトルコン太郎へ接続です。

輸入車のATF圧送交換が断られる理由としては、アタッチメントの不備です。
トルコンチェンジャーはあるのに、アタッチメントがないため交換できる車種が国産車でも限られてしまう、という状況です。
国産車でも、例を挙げるとニッサン セレナなどはATオイルクーラーが特殊なため専用のアタッチメントを使用しないと圧送が出来ません。(弊社ではもちろん施工可能です)

車種によってそのトランスミッションの形状は違いまちまちのため、様々なアタッチメントを取りそろえなくてはなりません。
しかも、そのアタッチメントが1つ数万円のものも…、。
ですがご安心ください、ワイズガレージではその問題を解消。日本車はもちろんヨーロッパ車などの輸入車をほぼ網羅するアタッチメントをご用意しています。

オイルパンを取り外す前に、ウィンズのATフラッシング剤を添加してしばらくエンジンをかけミッションを回し、トランスミッション内部のAT内のスラッジなどの汚れを溶かし落ちやすくしてあります。
圧送クリーニングされるATFの色を確認しながら、クリーニングを数回施工しました。

 1回目の圧送交換スタート

トルコン太郎に内蔵されているフィルターを通しスラッジや残留物などをろ過してトランスミッション内に圧送させる作業スタートです。


一番左 新油モニター・・・その名の通り新油がスタンバっているところ
真ん中 クリーニングモニター・・・最終的にトランスミッション内にあるATF
一番右 廃油モニター・・・トランスミッションから抜き取ったATF


早速廃油モニターにトランスミッション内の廃油が抜き取られていきます。
トランスミッション内に残留するATFが混ざり合った新油がクリーニングされている状態です。
かなり黒い状態ですね。
圧送交換する油量を設定して、クーラーラインモードで1回目の圧送交換・全自動交換スタート。
トルコン太郎にセットされているモニター(透明のドーム型のもの)は、それぞれ働きが違います。

クリーナーモニター左の瓶詰は、廃油です。

 圧送交換 抜取量3.0リットル 給油量2.5リットル

 1回目の圧送交換終了、クリーニング中です

クリーニングモニター内のATFに、少し赤みが見られるようになりました。
並んだ瓶詰の廃油と比較するとその違いが少しわかります。
ですが、まだまだ透明感は見られず新油の状態には程遠い状態です。
全体で20リットル交換予定です。もう一度圧送交換追加します。

 2回目の圧送交換スタート 抜取量2.5リットル 給油量1.6リットル

2回目ともなるとクリーナーモニターのATFもキレイになってきました。
LEDを当ててみると、透明感も確認できるようになってきました。

 2回目の圧送交換完了!

2回目の圧送交換とクリーニングが完了し、クリーナーモニター内のATF(トランスミッション内に充填されているATFの状態)はしっかりと新油と同じくらいに交換できました。
この後は、圧送交換の間はすっとエンジンオンですからトランスミッションは熱々です。
ということは内部のATFもあっつあつの状態ですので規定の温度まで下げてから油量の調整が必要です。
これを怠ると、後々のAT不調につながります。

全て施工が完了、各チェックや試乗を施工してオーナー様のお手元へ。

お渡しの際に同乗走行しましたところ、走り出しから重さを感じない軽いスタートに変わり、変速ショックも解消してます、とのご感想をいただきました。
車の状態を一番よく知っているのはやはりオーナー様ですので、こうして後日のお話をいただけるとスタッフも非常に励みになります。


ご利用ありがとうございました。




まずは概算お見積もり依頼からどうぞ
一言に、ATF交換といっても何から聞けばいいのかわからず、なかなかハードルが高いですよね。
そんな時は弊社ではお問い合わせフォームから各情報をご連絡いただければ、概算お見積もりをご連絡しています。


ワイズガレージではわかりやすく2コースをご用意しています

【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで
汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。

【お見積もり希望の際にご連絡をいただきたい情報】

下記情報を問い合わせフォームへコピペしてご利用ください。

■現在の総走行距離
■過去のATFまたはCVTフルード交換の履歴の有り無し・交換した時の走行距離
■現状のトランスミッションの不調の有り無し(不調はないけれど定期交換希望、変速ショックがある、他店で指摘された、などわかることを詳細にご連絡いただくとありがたいです)
■車両の情報(車検証に記載されている情報)

初年度登録:  年  月
車名: メーカー名・車種名までお願いします
車体番号:
型式:
原動機型式:
型式指定番号:
類別区分番号:



上記情報は車検証に記載されています。
車両情報から個人を特定できるものではありません。
特に輸入車の車台番号は17桁の英数字から成りますので、お間違いなくどうぞ。




【その他の車種やメンテナンス事例はこちらをどうぞ】

車種別メンテナンス事例一覧ページ

修理・整備・車検・点検一覧

エンジンメンテナンス一覧

インテリア・エクステリア一覧

電装パーツメンテナンス

ブレーキメンテナンス一覧ページ

タイヤ持ち込み交換一覧

バッテリー持ち込み交換一覧

マフラー交換、メンテナンス一覧

足回り交換、メンテナンス一覧

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 

携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります

■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業時間変更のお知らせ~
6月1日より通常の19時閉店に変更しました

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

修理・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる