三鷹市 レンジローバー イヴォーグ トルコン太郎 ATF圧送交換 東京 ワイズガレージ 山吹自動車

サブページメイン画像

トルコン太郎ATF圧送交換
レンジローバーイヴォーグ
ATFはワコーズ&トリートメントはSOD-1

 お問い合わせをいただきましたイヴォーグご入庫


ホームページのお問い合わせフォームからご連絡をいただきました。
今回、画像が極端に少ない事例です。
なぜなら、たまには気分を変えてスマートフォンの機能で画像に手を加えて撮影をしてみたところ、新たなアプリが必要となることが判明、使用できなくなってしまいました。

圧送交換の大半の画像が使用できない事態に。まいったまいった。
せっかくいい感じに撮れてたのに! 普通に撮影し生き残ることが出来た精鋭たちによる少ない画像ですが、圧送の雰囲気をご覧ください。


ランドローバー メンテナンス一覧
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
トルコン太郎での圧送交換のメリットや説明はこちら

 圧送交換専用フラッシング剤

トルコンのお問い合わせはメールがお勧め

ホームページのお問い合わせフォームからご質問をいただくと、ほぼすべてのお見積りやご連絡はメールでお答えしています。
なぜなら、電話だと必要な情報が3割も伝わらずにお値段だけのインプレッションで終わってしまうからです。圧送交換のみならず、整備はその内容とディテールが大切だと思っています。
色々とお伝えしたいことが渋滞します。


今回のお問い合わせは新車購入後からメンテナンスはしっかりしているけれど、ATF交換だけは施工したことがない(というより施工を引き受けてくれる店舗がない)とのことです。
早速、いただいたお車の情報から概算お見積りを作成。

【お見積りに必要な車両情報】

【ご連絡いただきたい車両情報】
■車両型式
■車台番号 
■原動機の型式(エンジン型式)
■現在の総走行距離
■現在気になるショックや不調など(簡単で結構です)


上記をいただければ、トルコン太郎の圧送交換のお見積りは可能です。
逆に、車台番号が不足していると何もお調べできないので、車台番号は必ず輸入車でしたら17桁の英数字を、日本車でしたらハイフン以下の全ての数字をご連絡ください。

 アタッチメントが命

BMWやメルセデスの圧送交換はできるけれど、ランドローバーは不可と断られることが多いようですがワイズガレージでは専用のアタッチメントがあるので圧送可能です。

今回は定期交換のご希望にて圧送のベーシックコースの施工予定です。
アタッチメントを取り付ける前に圧送交換の効果を高めるため、フラッシング剤を添加して数十分エンジンオン、トランスミッションの内部や各ホース類内をフラッシングしておきます。
アタッチメントを取り付け、トルコン太郎の各ラインを繋げますよ!

 トルコン太郎圧送交換スタート

今回、少々お値段のする純正ATFは使用せず、WAKO'Sを。
弊社は正規代理店ですので常時セーフティスペックやプレミアムスペックを在庫しています。

トルコン太郎の特徴としては、圧送中のATFの状態が目視で確認できるところです。
目視でその場で確認できるので、圧送する新油の量などの追加の判断などが可能なのです。

それぞれのドームではそれぞれの役割があります。
左:新油モニター これからトランスミッションに充填されるべくスタンバイしている新品ATF
中:クリーニングモニター 圧送中、クリーニング中のトランスミッション内のATFの状態
右:廃油モニター 圧送され、トランスミッションから排出された廃ATFの状態

がそれぞれのドームでリアルタイムで確認できます。

一番右側のモニターに見える液体は、今までトランスミッション内に充填されていたATフルードです。
その左に鎮座しますビンには比較用の廃油を取りおいてあります。ATにさっきまで充填され、頑張っていたATFです。
真っ黒ですね。漆黒ですね。
それだけ頑張ってくれていたんですね。

スタートした瞬間から、自動的に少しずつ廃油を抜きその分、新油を自動的に圧送して注入していきます。

 圧送スタート 抜取量1.2 給油量0.0

廃油の抜き取りが開始されました。

 「さて、こちらに煮込んだお鍋が」状態ですが

さて、この状態になるまでは2回ほどの圧送とクリーニングを施工。
圧送した新油は最終油量調整の分を合わせて20リットルです。
トランスミッションの容量が大きい車両は、どうしても圧送に使用するATFが多くなりますが、これはもうしょうがないと腹をくくるしかありません。
中途半端なATF量での圧送は良い結果が生まれません。

一番左の新油モニターに見えるATFと、その右側のクリーナーモニター(先にもご案内しましたが現在AT内に充填されているATFの状態)内のATFはほぼ同じ色味に見えるようになっています。
まだ新車から数年、走行距離も浅かったのでこの状態に持って行けるのも油量も時間もあまりかかりませんでした。

今回は定期交換でしたので特に変速ショックがあるとかの症状は無かったため大きな変化はありませんでしたが、発進時のスムーズさを感じるようになったとオーナーからは喜びの感想をいただきました。
私たちには小さな変化ですが、毎日ずっと乗ってらっしゃるオーナーはその小さなストレスが重なり大きなストレスになるんですね。




その解消のお手伝いが出来て嬉しく思います。
ご利用ありがとうございました。





 トルコン太郎圧送交換 ATFCVTDSGDCTPDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ

【圧送交換とは?】

ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージではクーラーラインモードの圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
■ATFに限らず、CVTF、DCT、DSG、PDKも圧送交換可能
■CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

以上が、トルコン太郎で施工できる整備の違いです。 かなり内容が異なりますのでお間違いないようお気を付けください。



・・・・・・・・

ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離

・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。





ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる