DCTオイル劣化による変速ショック症状のあるボルボV50のDCTオイルはトルコン太郎で圧送交換施工可能です。東京三鷹ワイズガレージ

サブページメイン画像

トルコン太郎DCTオイル圧送交換
ボルボ V50 シフトアップ&ダウン時ショックあり
過去DCTオイル未交換 走行距離76,000㎞

 ご相談後すぐにご入庫にて

ブログの更新は10月ですが、作業自体は9月に施工しました。
ほぼ毎日トルコン太郎圧送交換のお問い合わせがある状況で、ボルボのお問い合わせがダントツです。

今回のご相談もトランスミッション不調によるものです。
今回ご来店のボルボV50のお問い合わせフォームからのご相談は以下の内容でした。
・シフトアップ時、シフトダウン時どちらも毎回変速ショックを感じて大変ストレス
・特にシフトアップ時エンジン回転数が落ちて変速にモタツキがある

・記憶の限り、過去DCTオイル交換歴無し


走行距離は約73,000km。
DCTオイルを積極的に交換している整備工場さんはあまりないので、過去未交換は当然です。
オーナーが希望してもなかなか実現が難しい整備の一つだとも言えます。
ですがご安心ください。ワイズガレージではそのDCTオイルを交換どころか、圧送交換してトランスミッション不調を改善することが可能です。
ご相談の変速ショック、モタツキはほぼオイルの劣化による症状にて、圧送交換で改善する可能性が大きいです。

DCTオイルは交換しなくていいわけではありません。
今までの弊社トルコン太郎での圧送交換の結果がすべてを物語っています。


過去のトルコン太郎によるATFやCVT、DCTやDSGオイルの交換はこちらでご覧ください。


ボルボ トルコン太郎圧送交換事例一覧
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス

 サンプルで抜き取った廃オイル

真っ黒の廃オイル。
この状態から、おそらく新車販売時から一度もDCTオイルの交換はなされていないと判断。

ここからはDCTの説明ですので、ほかのブログと重複する部分がありますがご一読ください。
先程から話題に上がっているDCTとは、高性能車や高級車に装備されることが多いデュアルクラッチトランスミッションの略です。
こちらが駆動効率が非常に高い反面、構造が複雑・そして重量あり・なかなかコスト面ではデメリットが多いというのが大きな課題の、よく言えば進化途中のシステムです。
ボルボでの変速ショックやシフトチェンジ(PからD、RからDなど)の際のショックにお悩みの方は非常に多い状況です。


 DCTオイルは純正ではなく社外品を使用

圧送施工前にはATフラッシュを使用してのフラッシングを施工します。

画像の黒いボトル(右側)、WYNN'S Automatic Transmission Flush、こちらがフラッシング剤。
左側もWYNN'S SHUDDERGUARD(シャダーガード)、最後に添加するトリートメント剤です。

まずはフラッシング剤の簡単なご説明を。
こちらのATフラッシュはスラッジなどを溶かす役割の薬剤のため非常に洗浄力が強く、少しでもその成分が残留するとトランスミッション内部の部品類を傷める場合があり、ドレンアウト交換の際には使用は禁止されています。圧送交換のみに使用が出来るものです。
ATフラッシュを注入して数十分エンジンをかけて薬剤による内部を洗浄してあります。
DCT内部はもちろん、ATオイルクーラー内やバルブボディ内、各方面へ接続されるホース内部も全てフラッシングします。

フラッシングをしている間に、DCTオイルの用意をします。
SWAGのDCTオイルにはペール缶販売がなくボトルです。
5リットル×4本、今回は不調症状も出ているため20リットルでしっかり圧送します。
今までの過走行車両圧送交換施工の経験則から、中途半端に交換するよりもしっかりと多めの油量で圧送したほうが良い結果が得られる傾向です。

突然ですが、トルコン太郎でのお見積もりは車両の情報をいただければ概算見積が可能です。

【お見積りに必要な車両情報】
■車両型式
■車台番号 
■原動機の型式(エンジン型式)
■現在の総走行距離

■過去にATF交換歴がある場合はその際の走行距離
■現在気になるショックや不調など(簡単で結構です)


上記をいただければ、トルコン太郎の圧送交換のお見積りは可能です。
逆に、車台番号が不足していると何もお調べできないので、車台番号は必ず輸入車でしたら17桁の英数字を、日本車でしたらハイフン以下の全ての数字をご連絡ください。

 ※上記情報だけでの個人の特定はできませんのでご安心ください。

 トランスミッションわきのDCTフィルター

DCTはオイルパン設定がない(というよりも縦型)ためオイルパンを脱着しての内部クリーニングはできませんが、フィルターはトランスミッション外部に設置されているためそちらは交換をします。
過去にDCTオイル交換を成されていない車両は、だいたいDCTオイルフィルターの交換もされていないからです。

 DCTオイルフィルター新旧比較

百聞は一見に如かず。

右の取り外した旧DCTフィルターは内部のフィルターはもちろん真っ黒ですが、フィルターケースも漏れ出たオイルに土埃やほこりが付着しベタベタの状態です。
今までの経験則から、どのボルボも大なり小なりフィルターケースからのオイル漏れがあります。
ですので、DCTオイル交換の際にはフィルターも同時交換がお勧めです。

 さて、ようやく圧送交換スタート

圧送交換には車種専用のアタッチメントが必要です。
アタッチメントがなければ圧送交換は不可能なため、アタッチメント不備が輸入車の圧送交換が断られる原因のようです。

車それぞれのクーラーラインが面白いくらいに全く違うため、それ全てに対応するためには軽く150種類を超えるアタッチメントが必要になります。そしてまたそれが一つあたり数万円するため、なかなか全てを揃えることは至難の業というより不可能です。
日本車には自作のアタッチメントで対応していましたが輸入車となるとそういうわけにもいかず、試行錯誤の上その問題をクリア出来たのでこうして圧送交換を提供出来るようになりました。

 2回目圧送交換 抜取量3.3 給油量1.0

トルコン太郎はオイルの抜き取りと注入のホースが別、廃油がトランスミッションに戻らない構造になっているため安心です。
そして、圧送交換が終わったら10~30分間ほどトランスミッション内部のオイルを循環させて自動的にクリーニングするのでさらに効果が期待されます。
トルコン太郎には3つのモニターが設置されていて、各モニターでは各オイルの状態が確認できます。

左 新油モニター・・・これからトランスミッションに供給される予定の新油の状態。
中 クリーニングモニター・・・現在のトランスミッション内のオイルの状態。
右 廃油モニター・・・トランスミッションから抜き取られた廃油の状態。


一番右の廃油モニターには、トランスミッションから抜き取られている廃油が踊っています。


実はこちら、2回目の圧送交換の様子です。
1回目は動画で撮影していて、未だ動画編集の最中のため少々お時間頂戴しています。

 2回目圧送交換 抜取量6.7 給油量4.3

 2回目圧送交換完了、クリーニング中

交換後、同乗走行させていただきました。

圧送交換後、ショックの変化があったかどうかの確認のためオーナーの運転に同乗走行させてもらいました。運転する人が変わるとその運転のクセも変わるため、わたくしどもの試乗確認時では出なかったショックが出たりするためです。
交換後の試乗でのオーナーのご感想はいかに。

■「こんなものなんだろうな」と思っていた走り出しがスムーズになった
■変速ショックもなくなり、シフトチェンジがスムーズになった
■全体的なモタツキがなくなった

■もっと早く圧送交換してれば良かったと強く思います

喜びのご感想をいただきました。
これでまた運転が楽しくなりそうですね。
ご利用ありがとうございました。



1年前と比べても、ボルボのDCTショックのご相談は非常に多くなっています。
そして、その多くはオイルの劣化によるものがほとんどです。
ショックを感じ始めるともう症状は進行しているため、そのまま何もせずに走り続けているとショックが大きくなり次第に変速しなくなり、最終的にはトランスミッションを交換するしか方法がなくなってしまいます。
車の取り扱い説明書にはDCTオイルの定期交換は記載されているので基本的には交換も出来るのですが、あまり交換を提案される機会もないようです。
トルコン太郎の圧送交換説明でご案内しているメンテナンスページ



ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離

・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

 トルコン太郎圧送交換 ATFCVTDSGDCTPDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ



【圧送交換とは?】

ご興味があってこのページをご覧いただいたかと思いますが、お問い合わせをいただく中で間違った認識をされてる方も少なくないため、ここで簡単に圧送交換のご説明を。

トルコン太郎では2種類の交換方法が作業可能です。
そのため、圧送交換と循環式交換がごっちゃになってる場合があります。 その施工内容は大きく異なりますので、お間違いないようご注意ください。
ワイズガレージではクーラーラインモードの圧送交換のみの取り扱いです。

■クーラーラインモード 
 こちらが ”圧送交換” 

圧送全自動  (メーカー資料から抜粋)
■オイルラインに接続、交換と同時にオイルクーラーも洗浄
■アイドリング状態(エンジン稼働状態)でのオイル循環を利用して、交換を行う理想的な方法
■交換後は自動帝にミッション洗浄に切り替え、内部の汚れを回収
■オイルパン内部のスラッジを巻き上げず、ミッションに悪影響を与えない
■交換率が高い
■ATFに限らず、CVTF、DCT、DSG、PDKも圧送交換可能
■CVTフルード車にも抜き取り量を制限することで、全自動交換可能
■ミッションに負担がかからないようオイル注入量を最適に制御

ミッション洗浄機能
■オイル交換後は自動的にオイルラインをクリーニング
■ミッション内の汚れをオイルで洗浄しフィルターでろ過
■オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングでき、目詰まりを防止
■クリーニング中はモニターでオイルの色を目視確認で適格な判断可能


■レベルゲージモード 
 こちらが ”循環式” ”レベルゲージ交換” ともいわれます


■アイドリング状態でレベルゲージから抜き取りと新油注入を自動で施工
■時間がかからない
■使用油量が圧送交換と比較すると少ない

以上が、トルコン太郎で施工できる整備の違いです。 かなり内容が異なりますのでお間違いないようお気を付けください。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる