三鷹市 走行距離70,800km 多めの鉄粉やスラッジに驚き ニッサン エルグランド トルコン太郎でCVTフルード圧送交換&オイルパン内部清掃 ワイズガレージ 山吹自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • トルコン太郎圧送
  • 走行距離70,800km 多めの鉄粉やスラッジに驚き ニッサン エルグランド トルコン太郎でCVTフルード圧送交換&オイルパン内部清掃

走行距離70,800km 多めの鉄粉やスラッジに驚き ニッサン エルグランド トルコン太郎でCVTフルード圧送交換&オイルパン内部清掃

 2021年10月22日 更新

ニッサンエルグランド、CVT圧送交換のご希望にて葛飾区よりご来店いただきました。
もちろん、ご来店前にはメールにて概算お見積もりをご連絡済みです。

(今現在は少し解消されつつありますが)ニッサン車の部品供給不足はコロナの影響が他メーカーよりも顕著で、オーダーから納品されるまでにかなりの時間がかかりご来店までにお待たせしました。
部品が揃わないと着手が出来ない、もどかしい時間が過ぎていきました。
そしてやっとご入庫。

現在走行距離は70,800㎞。
■過去40,000km時点、定期点検の際にCVTフルードを通常のドレンアウトで交換した履歴有り
■まだこれから長く乗っていきたいので、しっかりとリフレッシュのご希望
■現状では体感する不調という不調はない

事前情報では上記内容を聞き取りしました。

しっかりリフレッシュのご希望ですから、行程的にはATオイルパンを取り外し、内部を清掃を施工し、トルコン太郎でCVTフルードのスペシャルコースで圧送交換をご案内しました。

もう画像ではATオイルパンを取り外す前にトランスミッションよりCVTFを抜き始めている状態です。
その全段階で、圧送交換時のみ使用できるウィンズのフラッシング剤を使用してのフラッシングを完了しています。
画像では廃CVTFは琥珀色に見えてまだまだ綺麗そうに見えますね。
ところがどっこいです。

点検整備のトップページ
日本車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
ニッサン メンテナンス一覧

 廃CVTFはこの状態

こうしてサンプルとしてまとまった状態になると、このように真っ黒に。
CVTは作動油です。
トランスミッション内部保護の側面と、内部の機器の作動や圧力を伝達している実は重要な役割を担っています。

 さて、取り外したATオイルパン内部

〇で囲んである部分以外にも黒ずんでいる個所が見えます。

これはすべてスラッジや鉄粉です。
ATFやCVTF交換でよく聞く話で、
「ATFを交換したらATの調子が悪くなった」
「CVTフルードを交換してからトランスミッションが壊れた」

など、あまり良い話を聞かないため、ATFを交換したくても怖くなってしまいますよね。

ですが、これらはおとぎ話ではなく本当にあった怖い話です。
ではなぜ本当にあった話なのかと簡単に説明しますと、この画像で確認で目視ですら確認できてしまうスラッジや鉄粉(金属摩耗粉)は、経年や走行距離が増えるのと比例して発生します。
マグネットに吸着されるものもあれば、吸着されなかった鉄粉などは画像のように沈殿したりトランスミッション内部を浮遊しているものも多くあります。
そしてそこにATF交換で新しいATFなどが入ることにより沈殿していた鉄粉やスラッジが撹拌され、精密な構造のトランスミッション細部(コントロールバルブなど)を目詰まりさせ変速しなくなったり、そこからバルブボディ不調につながり、最終的にはトランスミッションASSY(全体・集合体の意)を交換せざるを得なくなってしまうこともあるのです。

弊社ではそのような恐ろしいことは経験したことはありませんが、トルコン太郎をご利用いただくユーザーさんから「前に乗っていた車でATF交換で嫌な思いしちゃって」と伺うことが多いことに驚きます。
トランスミッションASSY交換はリビルト品を使用しても数十万円はかかるものですから、そんな経験をしたかたのトルコン太郎のご利用がダントツに多いこともうなずけます。


 クローズアップの鉄粉とスラッジ

目視でここまでの鉄粉やスラッジを確認できてしまうと、こんな状態で交換して大丈夫!?と不安になりそうですがご安心ください。
トルコン太郎での圧送交換はこのような状態でも問題なく圧送できてしまいます。
なぜなら圧送交換だからです。
そう、圧送交換だからです。
大事なことなので2回言いました。

鉄粉等を目詰まりさせないように前段階でのフラッシング剤を使用できるのが圧送交換だけだからです。
通常のドレンアウトでの交換の場合はこちらのフラッシング剤が使用できないため、目詰まりを起こしてトランスミッションが不調になったりするわけです。

※また後程、このオイルパンをクリーニングして再利用の状態をご覧いただけます。



 鉄粉がドーナツ状に吸着したマグネット

その下の丸型の鉄板にもこれでもかと鉄粉が吸着されてドーナツ状になっています。

 鉄粉は簡単に取れます

不織ペーパーでちょっと触るだけで拭えてしまう鉄粉(スラッジ含む)。
触った感触は全くなく、するりとしています。
この鉄粉はすべてトランスミッションから発生した、金属摩耗による鉄粉です。
この鉄粉やスラッジは風に吹かれてどこかから運ばれてきたものではなく、トランスミッション自身の働きの中で発生したものです。
車には老廃物を自身の力で排出するような自浄作用はないため、外的な作用(オイルパンを脱着して清掃)などがない限りはずっとこのままの状態です。
マグネットの鉄粉はもう飽和状態だったため、今回リフレッシュにてご利用のご判断、さすがです!


 ATストレーナは本当は部品設定ありません

(型式にもよりますが)エルグランドのATオイルストレーナは単体での部品設定が無いものもあります。
こちらのエルグランドにはストレーナ単品での設定がなくバルブボディ一体型としての供給設定です。
走行に不調がない状況でのバルブボディ交換は現実的ではないため、ストレーナはボルトさえ取り外せれせばこうして問題なく脱着が可能ですから、清浄で対応することに。

こちらのストレーナもぬめっとしたスラッジで覆われ、取り付けボルトの跡がはっきりとわかるほど。

ごちゃごちゃ感

しっかりキレイにクリーン

 クリーニング前、クリーニング後のATオイルパン

さて、ご覧いただければもうお分かりの通りビフォーアフターです。
ATオイルパンがこんなにキレイになりました。
再利用できる部品は手入れさえすればまた使用できます。

これでCVTFもしっかりキレイになると思うと、ウキウキしますね。
次でやっとこさ圧送交換のご紹介です。


①抜取量1.4 給油量0.0
スタートしたばかり

②抜取量5.1 給油量2.6

③抜取量8.0 給油量5.7

④1回目圧送完了、クリーニング中

 圧送開始です

1回目の圧送交換開始です。

トルコン太郎には上記のモニターがあり、それぞれのフルードの状態を目視でリアルタイムに確認できます。
左:新油モニター・・これからトランスミッションに供給されるCVTF
中:クリーニングモニター・・トランスミッション内のCVTFの状態
右:廃油モニター・・トランスミッションから抜き取られたCVTF(二度と戻りません)


廃油を抜いた分、新油を少しずつ給油しています。
2ホース式ですので抜いた廃油はトランスミッションの中には戻らない構造になっていますので安心です。
後ろの油量カウンターと、各モニターのATFの色を比べていただくと変化がより分かりやすいです。

画像① 廃油モニターのオイルは新油が充填されたトランスミッションから抜かれたCVTフルードですがほぼ真っ黒。
オイルパンを取り外した際に4リットルほどは廃オイルが抜けたはず、しかしCVT内部に残留しているフルードがホースや隅々にまだまだ残っていたんだと認識できます。
というよりも、トランスミッション容量が10リットルとかなりの大容量のためちょっと廃CVTFが抜けただけではビクともしない汚れ具合だったってことですよね。

画像②③④ 一番右側の廃油モニターでは、ミッション内の残留していた廃油と混ざったフルードが抜かれて、抜いた分の油量を新油で充填するのを繰り返します。
一気に入れ替えるのではなく少しずつ少しずつ交換、設定油量まで到達したら自動で圧送クリーニング交換が開始されます。
一気にではなく、時間をかけて段階的に交換します。
だから、トルコン太郎でのATFやCVTF交換の際に不調を起こすことがないのです。

新油とほぼ変わらない状態まで交換してほしい、とのご要望もあるため2~3回ほど圧送交換予定です。

 こんなにキレイになりました


ほぼ新油と変わらないくらいまで交換が完了。
これでハイ終了、ではありません。
この後はエンジンをかけながらの圧送交換ですので、トランスミッションは80℃近くまでカンカンに熱くなっています。
それを30~40℃ほどの規定温度まで下げ、そこで最終油量調整を行います。
これが時間がかかるんです。
なので、夏の暑い時期にはなかなか温度が下がらず大変でした。

最後に、お渡しの際に同乗走行をさせていただきました。
CVTは、ATFと違ってその交換後の変化はあまり大きくないことがあるので驚きのご感想はないかな?と思っていましたが。。ところが!

■発進の際、スムーズさが格段にアップ↑
■今までは気になってなかったが、細かいトランスミッションからのブルブルがなくなった
■シフトダウン時の減速がなめらかに、スムーズになった

■楽に運転できる気分になる

と、期待以上のご感想をいただきました。
4番目は気持ち的なものですが、そう感じていただけるくらい変化があったという事です。

これでまた数年先も心配なくのっていただけることと思います。
ご利用ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・


トルコン太郎を使用してのATFやCVT、DSG、DCTフルード交換はお見積もり可能です。
車の部品や油脂類にはその車に適合するものを必ず使用しなければなりません。
純正、社外品にかかわらず取り扱いしていますので、ご希望なども併せてご連絡ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離

・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる