ステップワゴンRK5 15万kmK過走行でもトルコン太郎でCVT圧送交換 東京 ワイズガレージ

サブページメイン画像

15万km走行でも交換可能!!CVTF圧送交換 RK5ステップワゴン トルコン太郎で施工 

ご入庫からすぐに着手

ATフラッシュを添加してフラッシング

 ステップワゴンのお問い合わせはダントツです


ホンダステップワゴン

DBA-RK5
平成24年式の15万km走行車両です。

特に大きな不調は感じていないけど、15万を超えたのでリフレッシュしたいご意向にてご利用です。

ステップワゴンでこの走行距離で何の不調もないなんて、ミラクル!のような一台。
RK5に限らず、ステップワゴンは人気のある車種ですがネックがトランスミッション。
ジャダーや変速ショックが出やすい。
だからこそ定期的なCVTフルードの交換が好ましいのですが、なかなかCVTフルードを交換してくれる店舗も年々少なくなってきているようです。


リフレッシュにて、ATオイルパンを脱着・内部清掃を施工していきます。
交換作業を開始する前に、ウィンズのX-TEND AUTOMATIC TRANSMISSION FLUSH【オートマチックトランスミッションフラッシュ】でのフラッシング剤を添加してしばらくエンジンオン、トランスミッション内に添加剤が行き渡りその性能を発揮できる時間(裏面の注意書きにある10分以上~)稼働させます。
※※こちらのフラッシング剤は圧送交換の際にしか使用できませんので、通常交換(ドレンアウト交換)の際には使用不可です。


日本車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンストルコン太郎圧送交換ページ
ホンダ車 メンテナンス一覧

 各必要部品はこちら

圧送クリーニングの際には、圧送交換のみの【ベーシックコース】と、圧送交換+オイルパン脱着・鉄粉等のクリーニングを含む【スペシャルコース】とをご用意しています。


今回のご希望はまだしばらく長く乗り続けていく準備でのAT内部のリフレッシュのため、オイルパンを脱着しての鉄粉やスラッジの清掃やストレーナ交換を施工してきます。
その際、オイルパンのガスケットは再利用できないため新品のガスケットもご用意。

四角い箱状のものがATストレーナという、AT内部に位置して汚れやスラッジを漉しとる役割の部品です。
ピンクのフィルターは、CVTフィルターでATオイルクーラー内に設置されているものです。

日本車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンストルコン太郎圧送交換ページ
ホンダ車 メンテナンス一覧

※※同じRK5でも年式やシリーズでオイルパンの設定が無い車両もります。その際は圧送のみのご提案となります※※

ATオイルパンは再利用します

廃油抜き取り中

 ATオイルパンを取り外します

そしてフルードが抜けたらオイルパンを取り外します。

抜けていく廃オイルはコーヒー色、一見それほど汚れていないように見えますね。
しかし、CVTは内部がチェーンベルトで稼働しているため、鉄粉がATFの比ではありません。
こんなコーヒー色の中に非常に細かい鉄粉がたくさん含まれています。
だから、ATよりも不調が出やすいとも言われます。

4リットルほど抜けたでしょうか

ドレンプラグにも鉄粉やスラッジが付着

 さて、これからです

右側のドレンプラグに付着するこのヌメヌメとした物体が、鉄粉やスラッジが含まれた老廃物です。
ここまで厚い層の鉄粉がまとわりついている状態を見ると、ほんとうに15万km過去未交換まちがいなし、と再確認しちゃいます。

 ATオイルパン取り外し完了

ATオイルパンは再利用可能なため、ガスケットとストレーナを交換していきます。
オイルパンの中には鉄粉を集塵するためのマグネットがセットされています。
ちょっとやそっとのことでは取り外れないように、しっかりとセット位置が決まっています。

鉄粉は主にマグネットに吸着されますが、飽和状態になったその他のスラッジはオイルパンに滞留するかフルード内を浮遊します。
その浮遊する鉄粉やスラッジが、トランスミッション内、バルブボディ等の細かい部分に詰まったりすることでトランスミッションのショックや不調を招きます。
そのため、過去未交換や過走行のATFやCVTF交換が断られる原因になります。

ですがご安心ください。トルコン太郎ではそのフルード中に浮遊する鉄粉やスラッジを圧送しながらクリーニングすることが可能なため、過去未交換でも10万km以上の過走行車両でも対応することが出来るのです。


 ヘドロ状の細かい粒子の鉄粉

マグネットには大量の鉄粉とスラッジがこれでもかと付着しています。

オイルパンに流れ出ているように見える黒色状のものが、鉄粉を含むスラッジです。
これがAT内に充満して拡散され、先ほどのコーヒー色のもととなっているのです。

 オイルパン清掃完了

オイルパンは清掃し、新品ガスケットとともに車体に取り付けます。
そして抜けた分のCVTFを充填し、やっとトルコン圧送交換の段階へ。

 こちらが先程抜けた廃油

このコーヒー色は、スラッジですとか鉄粉から成っています。

ステップワゴンのトランスミッション全体の容量はおおよそ 7.5リットルです。
先程抜けた廃油はおおよそ3.5~4リットル弱。
ということはドレンアウトだと半分くらいしか抜けないんですね。
残りの半分は、バルブボディ内やオイルクーラーラインなどにとどまっているわけです。

その点、トルコン太郎では圧送でトランスミッション内部の廃油を圧送して全て排出させることが出来ます。

 さて、あっという間に圧送交換完了間際

そしてそんなことが可能なのが、このまーるいドーム型のモニター。
左 新油モニター・・これから圧送される新しいCVTFが見えます
中 クリーニングモニター・・現在、トランスミッションに充填されているCVTFが見えます
右 廃油モニター・・トランスミッションから抜き取られた廃CVTFが見えます(AT内には二度と戻りません)


トルコン太郎ではCVTFを少量ずつ自動的に抜きつつ、新油を充填していきます。
圧送ではエンジンを稼働してトランスミッションを動かしながら交換するため、バルブボディや各ホース類の内部に残留するATF(おおよそ2~3リットルかそれ以上)を、圧送しながらすべて新油に交換していきます。トルコン太郎の偉いところはその浮遊している鉄粉やスラッジもストレーナを通してろ過していきます。
2ラインのため廃油はそのまま廃油缶へ排出されますので、ミッション内に再び戻ることはありません。

さて、交換後のご感想はというと。
特に問題ないと思っていたが、走り出しのスムーズさとアクセルレスポンスの良さに感動。
消耗品が消耗品たるゆえんを感じていただけたかと思います。

ご利用ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トルコン太郎を使用してのATFやCVT、DSGフルード交換はお見積もり可能です。
車の部品や油脂類にはその車に適合するものを必ず使用しなければなりません。
純正、社外品にかかわらず取り扱いしていますので、ご希望なども併せてご連絡ください。

ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離
・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

トルコン太郎圧送の他のページ

カートに
入れる
気になる