三鷹市 Y31シーマ トルコン太郎でトランスミッションをクリーニングしながらATF圧送交換 昭和63年式 走行距離147000km 車検整備と同時に施工 ワイズガレージ 山吹自動車

画像

  • HOME
  • 修理・整備
  • Y31シーマ トルコン太郎でトランスミッションをクリーニングしながらATF圧送交換 昭和63年式 走行距離147000km 車検整備と同時に施工

Y31シーマ トルコン太郎でトランスミッションをクリーニングしながらATF圧送交換 昭和63年式 走行距離147000km 車検整備と同時に施工

 初度登録年月 昭和63年!

Y31ニッサンシーマさま、車検整備のご依頼をいただきました。
ご入庫時、オーナーさまのお話を伺いました。

こちらのシーマを入手してからオイルメンテナンスはエンジンオイルくらいで、車検も点検の車検とのこと。
走行距離も147000kmと多くなってきたため、オーナーさまからATF(オートマオイル)交換のご相談が。
そこで過去の記録簿をチェックしたところ、ATFを交換した履歴が見当たりませんでしたので、過走行のお車のATF交換は逆に悪いほうに調子を変えてしまうこともあることを説明、ご理解をいただいた上で施工となりました。

トルコン太郎(ネーミングセンス抜群!)というATFチェンジャーを、ワイズガレージではご用意しています。
こちらは圧送式といわれる、オイルラインに接続してアイドリング状態でのオイルの循環を利用してATF交換を行う、交換率が高いお車にとって理想的な交換方法です
CVT
車も交換可能。



【トルコン太郎を使用してのATF交換メンテナンス事例はこちらもどうぞ】



点検・整備のトップページ

トルコン太郎圧送交換メンテナンス事例一覧


ワイズガレージではわかりやすく2コースをご用意しています

【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで
汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。


 過走行車用フルコース交換コースを!

ATオイルパンを外すと、中身はこんな!

AT
オイルパン内に設置されているATFストレーナもオイル内の鉄粉やゴミ等をろ過し続ける部位で、今回は年式の経過した過走行のお車だったのと、過去の履歴が不明だったためフルコースでお勧めさせていただきました。
オイルパンを外す前に、フラッシング剤を添加し油温を上げて汚れを取りやすくするようにしてあります。

 こんなとこにタワシ!?

いいえ、タワシではありません。
こちらは取り外したATオイルパンの内側。
銀色のタワシのように見えるのが、オイルパン内部に設置されている磁石です。こちらに鉄粉が吸着・集塵されるようになっています。


こんな状態になるには走行距離にもよりますが、これだけの鉄粉がオイル内に飛散していたのだと思うと、昨今のATF未交換推奨の流れはありますが、果たしてそうなのでしょうか。

ATF交換の必要性は高いと思います。
長く大切に乗っていこうと思っているお車ならなおさらです。


ATFを交換して一番違いを体感できるのはオーナー様です。
そのスムーズさに皆さん気付いていただけます。

 しっかり清浄します

上記鉄粉だらけのオイルパンを洗浄剤を使用して清掃しました。

 滞りなく作業は進みます

清掃のあと、ガスケットも新品に交換しオイルパンを組み付け、ATF新油を充填

 さて、トルコン太郎の出番です

通常のATF交換ではオイルパン、ストレーナを外しても全てのATFが抜けるわけではありません。
抜けても半分~2/3ほどです。
では、パイプ内部などに取り残された抜ききれない既存ATFはどうするのでしょうか


そこでトルコン太郎の出番です。
新ATFをまず充填し、エンジンをかけて再びエンジンオンフルードを全体に回します。

次にトルコン太郎の圧送式で、パイプ内や各所に留まっている古い既存フルードと新油をかくはん・希釈しながら時間をかけて圧送し、新油への交換率を上げていきます。

ここでご注意いただきたいのが、フラッシング剤を使用する場合は、圧送式チェンジャーを使用しないと溶剤が残りお車には良くありません


添加剤等の添加をお勧めされた場合はしっかりその性能や期待できる効果、お車への影響などの確認をしてください。
添加剤は、しっかりした知識や経験の下で使用されないと、害悪となる場合もありますのでご注意ください。

 フィルターでろ過しながら交換するのでさらなる安心!

トルコン太郎は、この画像に見えるようにトルコンチェンジャー側のフィルターへ圧送されてオイルラインやミッション内の汚れをオイルで洗浄、ろ過しながらクリーニングが出来るのです。

オイルメンテナンスは軽く捉えられがちですが、実はお車にとっては非常に大切な部分。
オイルやフルードの存在が無ければ各部は正常に機能しません。
定期的なオイルメンテナンスは、お車の寿命を確実に伸ばします!


今回の車検整備には、トルコン太郎を使用したATF圧送交換のほかにも、エンジンオイル漏れの整備もしっかりと施工いたしました。
また、タペットカバーガスケット交換などは別の機会にご紹介したいと思います。

ご来店ありがとうございます!
整備にお時間をいただきましたが、お任せいただきありがとうございました。


追記:車検後、しばらくして調子を伺う機会があり、お車の調子は車検前より良くなったとの嬉しいお言葉をいただきました!
ご利用ありがとうございました。また次回はエンジンオイル交換のご予定ですね!



 輸入車のATFもトルコン太郎で圧送交換可能です!

ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離

・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 

携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります

■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業時間変更のお知らせ~
6月1日より通常の19時閉店に変更しました

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる