ATF交換 レンジローバー イヴォーク トルコン太郎圧送 ワイズガレージ東京

サブページメイン画像

ATF交換トルコン太郎圧送
レンジローバー イヴォーク
圧送交換後に万能添加剤SOD-1Plusを!!

 トルコン太郎圧送交換施工

■レンジローバー イヴォーク
■型式 LV2A
■年式 平成27年
■走行距離 約50,400km
■ご相談内容 新車から初めてのATF交換。リフレッシュに圧送交換をご利用

輸入車のATF圧送交換を施工するには車種専用のアタッチメントを使用が必要です。
併せて、ワイズガレージではワコーズの正規代理店のためワコーズのセーフティスペックを使用してコストダウンしつつも圧送交換でのリフレッシュを図ります。

一般的に10万km走行状態のATF過去未交換の場合でももちろんATF交換は施工可能です。
お任せください。

続いてトルコン太郎の説明をご覧ください。

 取り出した廃ATFは黒みが強い状態

トランスミッションから取り出したATFは5万km走行、ATから取り出したATFは黒味はあるもののまだサラッとした状態です。
イヴォークのAT全容量は車体の大きさの割に5.6リットルと少々容量が小さいため、トランスミッションにかかるストレスは大きく、早めの定期交換が推奨されます。



 圧送交換前のフラッシング中

画像は圧送交換後に添加する予定のSOD-1プラスです。
エンジン&ミッション&デフ&ATF&パワステに万能に活躍する添加剤です。
伝達能力向上、燃費改善、金属摩耗の軽減、洗浄、保護などを一手に担ってくれる添加剤です。
圧送交換後の添加をお勧めしています。

圧送施工前にはATフラッシュを使用してのフラッシングを施工し、圧送交換による洗浄効果を高めます。
AT内部はもちろん、ATオイルクーラー内やバルブボディ内、ATホース内部も全てフラッシングします。
こちらのATフラッシュはスラッジなどを溶かす役割の薬剤のため非常に洗浄力が強く、少しでもその成分が残留するとトランスミッション内部の部品類を傷める場合があるためドレンアウト交換の際には使用は禁止されています。圧送交換のみに使用が出来るものです。

 ワコーズセーフティスペックで圧送交換

圧送交換するには、ATオイルクーラーへアタッチメントを取り付けが必要です。

圧送交換は簡単に言うと、エンジンを稼働させながら新油を圧送し古い廃油を押し出す方法です。
トルコン太郎はオイルの抜き取りと注入のホースが別、廃油がトランスミッションに戻らない構造になっているため安心です。

 抜取量3.6 給油量1.3

そしてトルコン太郎には3つのモニターが設置されていて、各モニターでは圧送交換中の各オイル状態が確認できます。

左 新油モニター・・・これからトランスミッションに供給される予定の新油の状態。
中 クリーニングモニター・・・現在のトランスミッション内のオイルの状態。
右 廃油モニター・・・トランスミッションから抜き取られた廃油の状態。


圧送開始直後から廃油がじゃんじゃん抜き取られていきます。
一番右の廃油モニターには、トランスミッションから抜き取られている廃油が勢いよく踊っています。

新油モニターには赤色のATFがスタンバっています。

 抜取量4.2 給油量2.0

圧送はどんどん進みます。
廃油モニターの色に徐々に変化が。

 抜取量5.8 給油量3.7

どんどん廃油が抜き取られ新油が給油されるにしたがい、廃油モニターの色に赤みが見えるように。

 抜取量7.5 給油量5.5

上の画像と比べると、廃油モニターはくすんだピンク色。

 抜取量9.6 給油量7.7

サーモンピンク色に変化。

 抜取量13.3 給油量11.6

圧送は続きます。

 もうそろそろ圧送交換も終盤

抜取がほぼ完了、新油の注入が終盤です。

真ん中のクリーナモニターの油量が一気に増えます。
車両によって圧送の反応は違うのですが、今回のイヴォークはかなり素直に圧送がすすみ、気持ちよいほどの反応が見られました。

 抜取量14.0 給油量12.3

クリーナモニターの状態が一気に変化しました。
現在のトランスミッション内のATFの状態がきれいな状態へ変化。

黒味が徐々に消えていきます。

 ほぼ新油と入れ替わりました

年式も浅く、走行距離も5万kmだったため圧送交換への反応はすこぶるよく、スッキリと変化を見ることが出来ました。

 圧送交換完了、クリーニング中

圧送交換が完了したら自動的にクリーニングに入ります。
これにより残留する鉄粉やスラッジをトルコン太郎内部のフィルターを通過させ残留するスラッジを取ります。

クリーニングが終了、トランスミッション油温の調整をしながら最終油量調整等の作業を施工しまして、あとは確認走行などの付帯作業を施工します。

もともと不調症状があったわけではないので大きな変化はありませんが、走り出しの車の軽さやアクセルの素直な反応を感じように変化しました。


ご利用ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・



自社工場ですべての整備を行います。
見積もりは事前にメールでやり取り、施工は最短ご来店当日完了(車種、整備内容により)


そもそもトランスミッションオイルの圧送交換とは?
こちらのページでご確認ください↓

■まず、トルコン太郎とはなんだろう?からご説明したページです
トルコン太郎圧送交換とは?

■ブログに掲載予定の入庫実績(各情報あり)のページです
トルコン圧送交換 輸入車入庫実績

■ランドローバー各整備の事例ブログです
ランドローバーメンテナンス一覧



・・・・・・・・・・・・・・・・・


トルコン太郎圧送交換 ATF・CVT・DSG・DCT・PDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ

前述にあります通り、トルコン太郎でのお見積もりは車両の情報をいただければ概算見積が可能です。

【ご連絡いただきたい車両情報】
■車両型式
■車台番号 
■原動機の型式(エンジン型式)
■現在の総走行距離
■過去にATF交換歴がある場合はその際の走行距離
■現在気になるショックや不調など(簡単で結構です)


トルコン太郎圧送交換・パーツ持ち込み交換整備ご相談はお気軽に

  お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください

関東陸運局認証工場
ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
https://www.ysgarage.com
定休日 毎週 日曜日・月曜日・祝日 各大型連休
営業時間 9:00~19:00 土曜営業

ご連絡は携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
でも受け付けてます。携帯からもOK!



圧送交換とはの他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話で相談→
LINEで見積→
メールで見積り→