三鷹市 DSGオイル交換 VWパサートヴァリアント LDA-3CDFC ワイズガレージ 山吹自動車

サブページメイン画像

DSGオイル交換で不調解消 
VWパサートヴァリアント LDA-3CDFC

 東京 葛飾区よりご来店

■フォルクスワーゲン パサートヴァリアント
■年式 平成30年
■型式 LDA-3CDFC
■走行距離 40,900km
■DSGトランスミッション
◎過去未交換の可能性あり
◎変速の際にすこし滑るような感覚がある

まずお問い合わせフォームからトルコン太郎圧送交換お見積もりご希望をいただきました。
フォームから連絡いただきました各車両情報からDSGオイルや部品の適合を確認、概算見積をご案内。
その後施工のご依頼をいただき、ご入庫の段となりました。

少々不調症状があるとお話、確かにアクセルを踏んでからワンテンポ遅れて反応している雰囲気です。
DSGは変速ショックが出やすいので、特に定期的なオイル交換がとても有効です。
この程度の不調でしたら圧送交換で解消可能です。

新品DSGオイルフィルターは常時在庫しています

ATオイルクーラーはエンジンルーム奥底

 ご入庫から作業に取り掛かります

3CDFCのパサートのトランスミッションオイルはDSGです。
トルコン太郎で圧送交換するにはトランスミッションのATオイルクーラーへアタッチメントを取り付ける必要があります。

ATオイルクーラーはトランスミッション上部に位置し、エアクリーナやバッテリーを取り外してからのアクセスアタッチメントを取り付けして圧送準備万端。

そのATオイルクーラーの奥隣りに位置するのが、DSGオイルフィルター。
オイルパン内部の大きなストレーナの設定がないミッション、AT外部にDSGオイルフィルターの設定があります。
同型トランスミッションはご利用が多いため、こちらのフィルターは常時在庫するように努めています。

 圧送交換前にはフラッシングを施工

圧送効率を上げるため、施工前にはATフラッシュを使用してフラッシングを施工します。
ウィンズのATフラッシュを注入し数十分エンジンオン状態で薬剤による内部洗浄中。
AT内部はもちろん、ATオイルクーラー内やバルブボディ内、各方面へ接続されるホース内部も全てフラッシングします。
こちらのATフラッシュは非常に洗浄力が強く、少しでもその成分が残留するとトランスミッション内部の部品類を傷める場合があるためドレンアウト交換の際には使用は禁止されています。
圧送交換のみに使用が出来るものです。

 圧送交換開始

圧送開始直後からまず廃油が抜き取られていきます。
トルコン太郎はオイルの抜き取りと注入のホースが別、廃油がトランスミッションに戻らない構造になっているため安心です。

そしてトルコン太郎には3つのモニターが設置されていて、各モニターでは圧送交換中の各オイル状態が確認可能です。
そのため余計なオイルを交換してしまうことがありません。

左 新油モニター・・・これからトランスミッションに供給される予定の新油の状態。
中 クリーニングモニター・・・現在のトランスミッション内のオイルの状態。
右 廃油モニター・・・トランスミッションから抜き取られた廃油の状態。


一番右の廃油モニターには、トランスミッションから抜き取られている廃油が見えています。
真っ黒ですね。

 今回使用するオイルはSWAG

純正DSGオイルは圧送交換で多い量を使用するには少々お値段がするため、ワイズガレージでは社外オイルのSWAGをご提案します。

 圧送交換は進みます

廃オイルが抜き取られ、新油の注入が開始しました。

 廃油モニターの状態が変化していきます

 変化が続きます

廃油内に新油が給油され圧送されている証拠です。
この間も、ずっとDSGオイルはトランスミッション内に圧送されています。

 圧送交換終了!

クリーニングモニター内に見えるDSGオイルの色味はほぼ新油と変わらない状態へ変化しました。

圧送交換が終わったら、ハイ終了ではありません。
密閉式のトランスミッションのため、オイルがどの程度充填されているのかの確認ゲージがありません。
そして既定の適温がありますのでその温度まで下がるのを待たなければなりません。

この、「適温での調整」を怠ると、圧送交換をしたにもかかわらず変速ショックが酷くなったり不調症状が発生することがあります。
圧送交換が完了しても、なかなか油温が下がらずに作業がストップしてしまうということも多いですね。

また、圧送交換後には万能添加剤のSOD-1plusを添加します。
走れば走るほど保護効果が発揮されていき、効果がじわりじわりと効いてきますので、走行ごとにどんどん馴染んでいきます。


交換後の試乗では、DSGオイルの変速ショックがなくなりスムーズで滑らか、地面をしっかりキャッチして機敏な走りが戻りました。




ご利用ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




トルコン太郎圧送交換 ATF・CVT・DSG・DCT・PDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ

自社工場ですべての整備を行います。
見積もりは事前にメールでやり取り、施工は最短ご来店当日完了(車種、整備内容により)


そもそもトランスミッションオイルの圧送交換とは?
こちらのページでご確認ください↓

■まず、トルコン太郎とはなんだろう?からご説明したページです
トルコン太郎圧送交換とは?

■ブログに掲載予定の入庫実績(各情報あり)のページです
トルコン圧送交換 輸入車入庫実績

■フォルクスワーゲン各整備の事例ブログページです
VWメンテナンス入庫一覧ページ


■フォルクスワーゲン トルコン太郎ご入庫一覧(ブログリンクなし)ページです
フォルクスワーゲントルコン太郎入庫一覧ページ2


・・・・・・・・・・・・・・・・・




前述にあります通り、トルコン太郎でのお見積もりは車両の情報をいただければ概算見積が可能です。

【ご連絡いただきたい車両情報】
■車両型式
■車台番号 
■原動機の型式(エンジン型式)
■現在の総走行距離
■過去にATF交換歴がある場合はその際の走行距離
■現在気になるショックや不調など(簡単で結構です)

上記情報があれば、トルコン太郎の圧送交換のお見積りは可能です。
逆に、車台番号が不足していると何もお調べできないので、車台番号は必ず輸入車でしたら17桁の英数字を、日本車でしたらハイフン以下の全ての数字をご連絡ください。

トルコン太郎圧送交換・パーツ持ち込み交換整備ご相談はお気軽に

  お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください

関東陸運局認証工場
ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
https://www.ysgarage.com
定休日 毎週 日曜日・月曜日・祝日 各大型連休
営業時間 9:00~19:00 土曜営業

ご連絡は携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
でも受け付けてます。携帯からもOK!



圧送交換とはの他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話で相談→
LINEで見積→
メールで見積り→