トルコン太郎 スバル レヴォーグ DBA-VMG スバルハイトルクCVTリニアトロニック圧送交換

サブページメイン画像

  • HOME
  • 圧送交換とは
  • トルコン太郎 スバル レヴォーグ スバルハイトルクCVT圧送交換

トルコン太郎 スバル レヴォーグ
スバルハイトルクCVTリニアトロニック圧送交換施工

 スバルハイトルクCVTFリニアトロニック専用車両です

【車両情報】
スバル レヴォーグ
車両型式 DBA-VMG
走行距離 約52000km
年式 令和1年

スバルハイトルクCVTFリニアトロニック専用車両です。


ホームページのお問い合わせフォームからご連絡いただきました。

新車から乗っていて特に問題ないが、今までの車ではトランスミッションオイルを定期交換していたので交換したい。
ただ、近年のゲージレストランスミッションになってから全く交換対応してもらえなくなっている。
新車購入した販売店でも交換しなくても大丈夫、と断られてしまった。
そのためCVTフルードを一度も交換したことがなく、とても不安で気持ちが悪い。
ネットを見ていたら圧送交換という存在を知り、興味をもって調べて弊社へたどり着き、しっかりメンテナンスしていきたいご希望でトルコン太郎圧送交換をご利用のご相談でした。

もちろんご利用いただけます。問題なく圧送交換可能です。

スバル車の多くがAT容量が10~12リットルと他メーカーと比較すると1.5~2倍の油量です。
そのためジャダーやシフトショックなどのハッキリとしたAT不調を感じづらい傾向。
ですが不調と自覚していない状態、走り出しのもっさり感やシフトチェンジタイミングの遅延などは気づかぬうちにゆっくり進行しています。
圧送交換後には、もっさり感もなくなりシフトチェンジ時のエンジン回転数も変化。
回転数の引っ張り感がなくなると、おのずと燃費も向上!

今回は趣向を変え、1分と短いですが動画を作成しました。

トランスミッションが大容量のため色味の変化は少ないですが、圧送で全容量交換後の走り出しのパワフルさ、スムーズさが、交換前よりもはっきりと感じられるようになりました。
初見のわたくしどもが感じるのですから、もちろんオーナー様はもっと体感いただけたようで大変喜んでいただけました。


ご利用ありがとうございました。


 ワイズガレージのトルコン太郎とは?


自社工場ですべての整備を行います。
見積もりは事前にメールでやり取り、施工は最短ご来店当日完了(車種、整備内容により)


そもそもトランスミッションオイルの圧送交換とは?
こちらのページでご確認ください↓

■まず、トルコン太郎とはなんだろう?からご説明したページです
トルコン太郎圧送交換とは?

■ブログに掲載予定の入庫実績(各情報あり)のページです
トルコン圧送交換 日本車入庫実績



・・・・・・・・・・・・・・・・・


トルコン太郎圧送交換 ATF・CVT・DSG・DCT・PDKのお問い合わせはお気軽にどうぞ

前述にあります通り、トルコン太郎でのお見積もりは車両の情報をいただければ概算見積が可能です。

【ご連絡いただきたい車両情報】
■車両型式
■車台番号 
■原動機の型式(エンジン型式)
■現在の総走行距離
■過去にATF交換歴がある場合はその際の走行距離
■現在気になるショックや不調など(簡単で結構です)



お問い合わせフォームなどからご連絡、お見積りはメールなどでご案内しています。
今までン施工実績

トルコン太郎圧送交換・パーツ持ち込み交換整備ご相談はお気軽に

  お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください

関東陸運局認証工場
ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
https://www.ysgarage.com
定休日 毎週 日曜日・月曜日・祝日 各大型連休
営業時間 9:00~19:00 土曜営業

ご連絡は携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
でも受け付けてます。携帯からもOK!



圧送交換とはの他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話で相談→
LINEで見積→
メールで見積り→