リアブレーキローター持ち込み交換 ルノーメガーヌ 低ダスト ワイズガレージ

サブページメイン画像

ルノー メガーヌ リアブレーキローター持ち込み交換社
外低ダストパッドへ変更

 お問い合わせをいただきそのままご予約へ

お電話にて作業費用などのお問い合わせをいただき、作業のご依頼とご予約をいただきました。
ご来店当日にはお車と、ブレーキパーツをご持参いただければその場で作業に取り掛かります。

■電子パーキングブレーキでもテスターを使用して交換可能です。
■パッド交換の際は、ブレーキセンサーも同時交換が推奨されすので設定のあるお車の場合、同時のお持ち込みください。
■ブレーキパーツ交換は分解整備ですので国家整備士が整備を担当し、分解整備記録簿をご用意します。
■必要パーツがすべて揃っていれば、当日中数時間でのブレーキ整備が可能です。

※持ち込みブレーキ交換の際の注意事項※
■交換したばかりのブレーキパッドは、馴染むまで制動力がそれまでのフィーリングより弱く感じます。お帰りの際のブレーキ時は十分に気を付けてください。
■ブレーキパッドのみの交換の場合、特にローターとパッドのメーカーが違う場合などは、パッドとの馴染みが合わずブレーキ鳴きをする場合があります。


 お持ち込みの社外パーツ

今回はリアブレーキパッドとディスクローターの交換のご依頼。
ルノーはちょっと独特な作りをしていますね。

 ブレーキパッドは交換時期です

パッと見のブレーキ。
一見問題なさそうですが、クローズアップしてみるとブレーキパッドの残量があと2mmほど。

この残量ですとどの整備工場でも交換を強く勧められる状態です。
ローターも意外とレコード盤状の筋が目立ち、同時交換は良いご判断ですね。

 こちらは右リアのローターの状態

こちらはもっとわかりやすくミゾが顕著に見えます。

早速作業に取り掛かります。
リアのローターとパッド左右の交換作業にかかるお時間は、おおよそ1.5~2時間ほどです。
ブレーキの整備は分解整備のため、認証工場や指定工場の免許がないと取り扱いができない整備内容です。
そのため、ブレーキ交換後は分解整備記録簿の用意などで以外と時間を要します。
その他にも取り付け部の確認や試乗をしての異音などの確認もしっかりと施工します。

 ローターまで取り外すとこんな感じ

 取り外したブレーキパッド

ダストだらけで、少し触っただけでも手が真っ黒になります。

イメージでいうと、ブレーキダストはベビーパウダーのような粒子の細かさです。

 これが新品パッドの厚み

新品は大体10~15㎜程の厚みがあります。
安心の厚みです。

 新品を装着

新品のディスクローターとブレーキパッドを装着。

あとはキャリパーを装着して作業は完了です。
ブレーキセンサーを装備している車両の場合は、ブレーキセンサーの交換も必要なためお忘れなくご持参ください。

ご利用ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・


ブレーキパーツ持ち込み各お問い合わせは
まずはお電話やお見積りフォームよりお困りや気になる症状をお聞かせください。
ご相談はメールまたはお電話でどうぞ。

ネットで部品を購入するのは難しそうだな、と思われるかもしれませんが車台番号での適合確認さえしっかりすれば、まず間違った部品を購入することはありません。

■車種、内容によって費用が異なります。
交換費用などはお電話またはお見積りフォーム・お問い合わせフォームからお気軽にご相談、ご質問ください!

以上、持ち込みブレーキパーツ交換のご案内でした。



・・・・・・・・・・・

トルコン太郎圧送交換・パーツ持ち込み交換整備ご相談はお気軽に

  お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください

関東陸運局認証工場
ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
https://www.ysgarage.com
定休日 毎週 日曜日・月曜日・祝日 各大型連休
営業時間 9:00~19:00 土曜営業

ご連絡は携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
でも受け付けてます。携帯からもOK!



持込パーツ取付の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話で相談→
LINEで見積→
メールで見積り→