輸入車修理 ポルシェ パナメーラ スパークプラグ&イグニッションコイル交換 ワイズガレージ東京

サブページメイン画像

ポルシェ パナメーラ スパークプラグ&イグニッションコイル交換整備

 スパークプラグ・イグニッションコイル持ち込み交換にてご利用

今回のお問い合わせはポルシェパナメーラのスパークプラグとイグニッションコイル交換整備です。
持ち込みのパーツは安心の純正OEMパーツBOSCHにて。
パーツはオーナーご用意にてのため、ご来店から数時間で整備が完了しますので車を預かったりなどの手間ひまがありません。
数時間その場でお待ちいただくのも大変ですので、お出かけしたりお好きなようにお時間をお過ごしください。
ただ、残念ながら周りに観光名所はありません…。
ちょっと歩くと国際基督教大学があったりしますが今はコロナの影響で関係者以外は立ち入り禁止になっています。
ポルシェ メンテナンス一覧

 ご来店からすぐに作業に着手します

今回のようにスパークプラグの交換整備や、ブレーキパーツの交換などは完全にご予約制にて受付です。

年末は、どうしても「年内に整備しておきたい!」と皆さん思われるようで、毎年このくらいの期間は工場が大変混雑します。
ですので、当日お問い合わせのブレーキパーツ交換などのご依頼は受付出来ないことがほとんどので、泣く泣くお断りしています。
お役に立ちたい気持ちはあるのですが、時間をタイトに設定して心配の残る整備には意味がなく、1~2週間前からご予約をいただいているオーナーにも迷惑が掛かってしまうためです。

上記は週末のお話です。
平日ですと、まれに当日作業でも受け付けできることがありますので、お電話にて確認してみてください。

 お持ち込みのBOSCH

オーナーは他店にてスパークプラグの交換が必要と指摘があり、ネットで検索して弊社にお問い合わせいただいたそうです。
ありがとうございます。

お持ち込みはBOSCHのスパークプラグとイグニッションコイルです。
スパークプラグを交換するんだったら全数交換。
スパークプラグの全数交換をするんだったら、イグニッションコイルも全数交換がおススメです。
プラグを交換するにはコイルの脱着が含まれるため、同時に施工したほうがコストを抑えられてお財布にやさしいのです。

 新品イグニッションコイルとスパークプラグ

よくあるのが、節約するために失火の症状が出ているスパークプラグを1本だけ交換して、また数か月後にエンジン不調で再入庫というパターンです。

同じタイミングで装備されている部品は、ほぼ同じ時期・同じ工場・同じ材料・同じ製造ラインで製造されていますので、その特性や特徴はほぼ変わりません。
なので、1本のプラグに失火の症状が出たらすぐにほかの数本もほぼ同じように劣化している、と判断して交換をしたほうが引いての安心やお財布にも優しいことになります。
もちろん、部品の全額の出費は痛いですが、何度も整備工場に入庫して、部品代とまた別に整備費用を支払う手間暇を考えると、、面倒ですよね?

これがいわゆる予防整備です。
儲けたいからおすすめしているわけではないんですよ~。(全国の整備工場からのシュプレヒコールです)

 新品スパークプラグ近接

当然ですが電極もすべてきれいです。

 こちら左バンク側

6気筒のためスパークプラグもコイルも6本。
こちらは左バンク側、向かい側の右バンク側にまた3つ気筒が位置しています。

場象ではエンジンカバーなどの各パーツを取り外し、左の2気筒はコイルも取り外しています。
一番右側にはコイルが装着状態。

このカバーを取り外すのにもトルクスなどの工具が必要だったり、尚且つスパークプラグは奥まった個所に位置するため専用(?)のエクステンションバーなどある程度の工具が必要ですが、工具さえ揃っていれば、案外ご自身でも施工可能ですよ。

 5本ずつ

1セットはオーナーが参考にお持ち帰りご希望のためお渡ししました。
こちらは廃棄予定です。

 使用済みスパークプラグの状態はこちら

このように、ほぼ同じような状態でススの付着が見られます。

 新旧比較

左 新品
右 取り外したプラグ

プラグの種類によっても違いますが、スパークプラグは期間による定期交換というよりも走行距離や現物の状態で交換判断することが多いです。
今回のパナメーラは9万kmを過ぎたあたりの施工でした。
記録簿はつかないため、プラグを交換した記録はしっかりと。

そして、テスターでのチェックも必ず行います。

 各カバーを戻して作業完了

朝一でご来店、お昼前にはお渡ししました。
コーヒーやお菓子の差し入れをいただき、スタッフ一同喜んでいました。

ご利用ありがとうございました。
またブレーキなどのご相談もいただきましたの、またお役に立てることがありましたらどうぞ!


ブレーキメンテナンス一覧ページ

バッテリー持ち込み交換一覧




・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

【 How toお問合せ 】
お問合せの際は、下記車両データをご連絡いただくと、部品や工賃などのお見積りがスムーズです。
問合せフォームなどでお問い合わせいただく際は、下記内容をコピペにてご使用ください。

【車検証データ】
1.初年度登録:平成or令和   年   月
2.車名:
3.車台番号:
4.型式:
5.原動機の型式:
6.型式指定番号:
7.類別区分番号:


上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください。
お気軽にご相談、ご質問ください!

トルコン太郎圧送交換・パーツ持ち込み交換整備ご相談はお気軽に

  お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください

関東陸運局認証工場
ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
https://www.ysgarage.com
定休日 毎週 日曜日・月曜日・祝日 各大型連休
営業時間 9:00~19:00 土曜営業

ご連絡は携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
でも受け付けてます。携帯からもOK!



持込パーツ取付の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話で相談→
LINEで見積→
メールで見積り→