画像

  • HOME
  • パーツ取付
  • BMW 218d F46 パーツ持ち込み交換 DIXCELブレーキパッド・ローター・センサー&ブレーキフルード RFTタイヤ交換とエンジンオイル交換 東京 三鷹 武蔵境 ワイズガレージ

BMW 218d F46 パーツ持ち込み交換 DIXCELブレーキパッド・ローター・センサー&ブレーキフルード RFTタイヤ交換とエンジンオイル交換

 パーツは全てお持ち込みにて

パーツ持ち込みでの整備が可能かどうかのおといあわせをいただきました。大丈夫です、お任せください。
輸入車の高額なパーツはお悩みの種だと思います。
でもネットだと同じ部品でもビックリするほどお値段がリーズナブル。それは卸だとかの中間マージンや実店舗維持の経費等コストが少ない分お値段に反映できるわけですね。
「でもネットで部品を買うなんて不安しかない!」
という方、しっかりと確認することさえすれば簡単に購入できます。
その方法は下の方に。

 全てのパーツはオーナーご用意

今回のお持ち込みパーツは
・フロントブレーキパッド&ローター&センサー【DIXCEL】
・リアブレーキパッド&ローター&センサー【DIXCEL Ⅿタイプ ダスト超低減】
・ブレーキフルード【BMW純正】
・エンジンオイル【プルタミナ ファストロン5W-30】
・エンジンオイルフィルターカートリッジ【BMW純正】
・ランフラットタイヤ 205/55R17【ミシュランプライマシー3】

 ご来店からその場で作業に取り掛かります

上記の部品でしたらご来店から数時間で施工が可能です。

部品は前もって厳選に厳選を重ねたパーツをご持参いただくので、弊社でご用意するパーツはありません。
持ち込みパーツの一番大切なことは、最終的な適合確認を車台番号でしっかりとることです。
この手間を惜しむと、ちょっとの部品の違いのせいで取り付けが出来なかったりなどのトラブルのもとになります。
年間1~2件は起こっています。
その際にオーナーにお尋ねすると、やはり車両型式や車名だけですぐに購入してしまったという事が殆どです。
車は、輸入車も日本車も限らず車両型式や車名が同じでも、年式や仕様・エディションなどで微妙に違ったパーツを使用している場合があります。少しでも部品形状が違うと取り付けが出来ないのが車の部品です。

それを怠ると、最悪は間違った部品代+間違った部品分の作業手間賃+適合する部品代+適合する部品の作業手間賃がかかり、余計な出費を重ねてしまいます。
そのため、面倒でも車台番号での部品適合確認をどうぞ。

タイヤに関してはもっと簡単。
205/55R17など、タイヤウォールに記載してあるタイヤサイズと同じものを購入します。
↑この部分の表記が同じでしたら、どのメーカーのタイヤでもOKです。
あとは好きなメーカーを選んでください。
お値段重視でも、性能重視でも、お好きなものをチョイスして購入した後はワイズガレージへ直送で手間なし。

 交換前ブレーキの状態

年式は平成28年、走行は5万km超。
2度目の車検を目前というところで、ローターの状態は交換が好ましい様子です。

これからローターとパッド、センサーを交換します。
ブレーキセンサー搭載車はパッド交換の際には必ずセンサーも同時交換します。再利用は基本的にできません。
こちらも、ネットで購入する際には気を付けたいところですが、メーカーによってはブレーキパッドにセットで取り付いているものもあれば、センサーを別途購入する必要があることもあります。
こちらも出品情報をしっかり確認しての購入がお勧めです。

 取り外した部品

パッドを取り外して気づいたのですが、パッドの残量がほぼ新品の厚みです。
純正パッドのためダストが多かったと思います。
今回お持ち込みのパッドはディクセルのⅯタイプ ダスト低減タイプのため日常のダストの少なさに感動すること必至と思います。

誤解が多いといけませんのでちょっと触れますが、ダストが多いからといって純正のクオリティが悪いわけではありません。
日本と交通事情が異なるヨーロッパでは、【確実に止まる】ように制動性能を重視してブレーキ自体が削れやすく柔らかく作られています。
だからブレーキダストが多めなんですね。

 リアブレーキもしっかり交換

着々と作業は進みます。

ブレーキパッド交換は分解整備のため認証工場や指定工場など、資格を有した工場に依頼してください。
ちなみに弊社は認証工場です。
ですので分解整備記録簿をしっかり発行します。

 全てディクセルへ交換完了

新品に交換したばかりのブレーキローターはご覧の通りまだ表面がすべすべの滑らか状態ですので、ブレーキの効きがびっくりするほど悪いです。
これが「ブレーキの当たりが出ていない」と表現する状態です。
ですので、帰りの際は十分お気をつけてご帰宅いただいています。


 ブレーキ周り、新品へ一新

ブレーキローターとパッド、センサー交換をしている間に、ランフラット交換の作業も完了しています。
そして、画像はありませんがブレーキフルードもこの後交換してブレーキに関連する作業は完了です。

 エンジンオイル交換

さて、最後は持ち込みのエンジンオイルを交換します。エンジンオイルを下から抜いた後に、オイルエレメントの交換に取り掛かります。

下抜きで交換します。
抜いているエンジンオイルは真っ黒。全体的にどろりとした印象ですね。でもここで間違えてはいけないのが、
エンジンオイルが黒い=悪い
ではありません。
そんな状態になるまでエンジン内部を摩耗や劣化から守ってきた結果です。
それを交換せずに放置してしまう方がエンジンにとっては良く無いことです。

画像にはありませんが、オイルフィルターの交換車体下に位置するオイルエレメント交換よりも手間がなさそうに見えますが、フィルターケースのリッドを取り外す際には専用工具(というほどのものでもないのですが)が必要です。
周辺部品が近くにあり、意外とテンションのかかりづらい場所にあるため、トルクをかけるのもコツが必要です。


 全ての作業完了です

タイヤもスタッドレスタイヤからの脱着とタイミングを合わせて新品ランフラットタイヤへ交換済です。
しっかりと各部を点検、異常がないことを確認して作業完了です。
ご利用ありがとうございました。

2021年4月28日更新



ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 

携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります

■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業時間変更のお知らせ~
6月1日より通常の19時閉店に変更しました

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

パーツ取付の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる