サブページメイン画像

持ち込みバッテリー交換整備
アウディA4オールロードクワトロ B9
新品バッテリーはネットから直送で手間なし

 バッテリーの交換は予防整備にて!

アウディA4(B9) お電話にてお問い合わせをいただきました。

バッテリーの交換タイミングは交換から5年と言われています。
もちろん点検すればあとどのくらい使用できるかは判断可能ですが、時期の目安はおおよそ守ったほうが安心です。
例えばスマートフォンのバッテリー。外出先で残量が少なくなるとソワソワしますね。
それはバッテリー残量が見えるので、バッテリーがなくなった後の状況を想像できるから焦るのです。

バッテリー持ち込み交換一覧

アウディメンテナンス一覧

■輸入車のバッテリー交換 取り扱いしています
■交換後のコーディング(情報書き換え作業)も施工可能
■ご来店その場で交換
■取り外したバッテリーは無料にてお引き取り

 バッテリーは当日ご持参でもOK

ご来店からすぐに着工。
ラゲッジスペース下、様々なパーツを取り外してアクセスします。
そのため、なるべくラゲッジスペースには荷物がない状態でご来店いただいています。

タイヤと同様に定期交換が必要な消耗パーツのこのバッテリー、非常に高額です。
特に輸入車となると、数万円。
でもネットだと同じバッテリーが驚く金額で販売されています。いちど確認してみてください。
※車種専用のバッテリーサイズなどの適合確認は必ず取ってください!なんでも合うわけではありません※

今回はご持参いただきましたが、販売店から直送の場合はご来店前までにバッテリーを直送していただきます。
輸入車のAGMバッテリーは非常に重く、運ぶのも一苦労ですので直送がお勧めです。

 作業は進みます

交換前の旧バッテリー。
取り外しに取り掛かっています。

この作業簡単そうに見えますが、バッテリー交換は意外と工具が揃っていないと手間ひまと時間ばかりがかかってしまいます。

 工具がないと何もできません

ご自身で交換をチャレンジしてみてもいいかもしれませんが、国産車ですとソケットは10㎜、12㎜、輸入車だと10㎜、13㎜、15㎜あたりをよく使用します。
あとは手が入らない狭い隙間に設置されているボルトを外すためのエクステンションが必要だったり。

あと必要なものは途中であきらめない気持ちと、バッテリーを引き出す時と設置する時の強靭な腕力と、腰の筋力です。



バッテリー残量が弱くなればエンジンはかかりづらくなり、バッテリーがなくなればエンジンはかからなくなります。
長期間未交換のバッテリーが経年劣化、エンジンをスタートできるだけの電力が無くなってしまった場合、エンジンがかからなくなります。
街中で、任意保険のロードサービスやJAFがすぐに駆け付けてくれるような場所だったら良いのですが、それが旅行先だったり、知らない土地の山の中だったり、後にも先にも民家すらない住所の分からない場所だったり、、、、想像してみてください。

今はスマートフォンのGPSサービスで救援隊が駆けつけてくれたりしますが、もしその頼みの携帯電話も使えなかったらどうしますか?
考えるだけで恐ろしい!
そうならないように、バッテリーは定期的に、予防整備にて交換がお勧めされる消耗パーツです。


バッテリーは持ち込みで交換、常時受付しています。
お気軽にお問い合わせください。


2021年5月29日更新時の情報です



高額な消耗品、バッテリー
定期点検の際に必ず指摘されるバッテリーの消耗。
一般的に5年に一度の交換が目安とされています。 車検2回に1回は指摘される部分ですね。

バッテリーが担う大きな役割としては、エンジンをかける際の電源供給や走行中の電装品などへの電源供給が主。
その役割は意外と重要なためなるべく定期的に交換しておくことが、思わぬエンジン不始動を招くことなく快適なカーライフを送ることに繋がります。

ですがそのバッテリー、定期点検の際に提案された見積もりを見てビックリした経験がある方も多いと思います。
特に輸入車のバッテリーは非常に高額で7万8万は当たり前です。

そこでご提案したいのがネットでのバッテリーの購入。
店頭価格の半額までは欲張りすぎかもしれませんがそのお値段は実際にネットで確認いただければ明らかです。

さて、その出費するはずだった費用で、これまたネットで次なる消耗パーツのブレーキパッドが買えてしまうかもしれません。


持ち込みバッテリーの適合は車台番号でしっかり

バッテリーに限らず、お持ち込みパーツでの整備では適合確認の有無で結果が成功と失敗にはっきり分かれます。
パーツをネットで調べる際に、【車名】や【型式】でまず調べると何百何千とパーツが表示されると思います。

ですがそれだけでは情報としては不十分です。
日本車輸入車にかかわらず、同じ車名や型式でも年式やシリーズなどで使用している部品が異なる場合があるため、最終的には車台番号での適合確認が必要です。

面倒かもしれませんが、その適合確認を怠ると、パーツの形が違う・大きさが違う・取り付け場所がそもそも違うなどのトラブルがあり、そうなるとどう頑張っても絶ー------------っ対に取り付けが出来ません

部品購入ボタンを押してしまう前に、購入店に【車名】【型式】【車台番号】で確認して適合確認は万全にどうぞ。

持ち込みバッテリーは直送で手間なし
輸入車のAGMバッテリーは非常に重量があり、20㎏近いものもあります。
そのためちょっとの距離を運ぶのもなかなかに力が必要です。

受け取りも、時間指定はできるものの突然の用事で不在票がポストに、、、確認したのが夜深く。再配達は明日以降!?という事も少なくありません。
ネットで購入して配送先をワイズガレージへ指定するだけで、その受け取る手間ひまや宅配業者さんへの負担が削減できます。


車種によってバッテリーの位置はそれぞれ異なります

バッテリーが位置する場所は同じメーカーでもお車によってそれぞれ違います。
エンジンルーム内だったり、ラゲッジスペースの下だったり、奥まった場所にあったり。

比較的アクセスがスムーズな位置にあるものから、様々なパーツを取り外さねばアクセスできない車種もあります。
それによって交換工賃が変動します。

交換工賃お見積もりは、車両情報をご用意の上お問い合わせフォームやお電話にてお問い合わせください。

※ご注意※持ち込みの際のバッテリー適合確認及び適合バッテリーの適合情報はご案内していません。バッテリーの適合等は購入先の販売店にしっかりご確認ください。

バッテリーが到着したら、ご予約日にご来店・その場で交換
在庫があれば即日発送の店舗が多いため、オーダーして発送手配がかかれば翌日または翌々日にはワイズガレージに到着しています。
タイヤのように場所をとるパーツではないので、着日指定なしで手配OKです。

到着したらすぐに交換施工可能、在庫確認の時点で交換日程ご予約しておけばすべてがスムーズ。

通常のバッテリー交換はご来店から1時間ほどで交換完了します。
パーツの取り外しが必要なバッテリーでも1.5時間ほどの時間で完了しますので、車を預けたりする必要はありません。
常時ご予約が混雑していますので、必ずご予約のうえご利用ください。


交換後はコンピュータリセットを施工
ベンツなどの一部車両を除き、ほとんどの輸入車はバッテリー交換後のコンピュータリセットが必要です。
ワイズガレージでは各輸入車対応のテスターをご用意、ほとんどの車種に対応しています。


取り外したバッテリーは無料でお引き取り

パーツ交換で一番頭を悩ませるのが、取り外したパーツの処遇。
バッテリー販売店に返送すれば無料で引き取りしてくれるところもあるようですが、改めてバッテリーを梱包して配送を手配するのも手間ですよね。

そこでワイズガレージでは取り外したバッテリーは無料でお引き取りしています。
交換後も手間暇なしでスムーズです。


以上、持ち込みバッテリーのご案内でした。


・・・・・・・・・・・


【 How to お問合せ 】
お問合せの際は、下記車両データをご連絡いただくとお見積り等がスムーズです。
問合せフォームなどでお問い合わせいただく際は、下記内容をコピペにてご使用ください。

【車検証データ】
1.初年度登録:平成or令和   年   月

2.車名:

3.車台番号:

4.型式:

5.原動機の型式:

6.型式指定番号:

7.類別区分番号:


上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください

トルコン太郎圧送交換・パーツ持ち込み交換整備ご相談はお気軽に

  お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください

関東陸運局認証工場
ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
https://www.ysgarage.com
定休日 毎週 日曜日・月曜日・祝日 各大型連休
営業時間 9:00~19:00 土曜営業

ご連絡は携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
でも受け付けてます。携帯からもOK!



持込パーツ取付の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話で相談→
LINEで見積→
メールで見積り→