エンジンオイル持ち込み交換 ポルシェカレラ ワイズガレージ

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理・整備
  • 持ち込みエンジンオイル・オイルフィルター交換整備 ポルシェカレラ

ポルシェカレラ 
持ち込みMobil1エンジンオイル 
Hengstオイルフィルター交換整備

 来店からすぐにエンジンオイル交換に取り掛かります

今回のエンジンオイル交換はパーツ持ち込みでの施工です。

ポルシェの指定油種がMobile1のため、ネットで購入の方が断然リーズナブルです。
エンジンオイルフィルターもHengstのカートリッジをご持参にて。

ポルシェ メンテナンス一覧

 Mobil1

持ち込みエンジンオイル交換の際に最大の注意点をご紹介します。

それはエンジンオイルの量。
持ち込みをされる方は量までも調べて持ち込みを決断されるとは思いますが、ご存じの通りエンジンオイルは既定の量が入っていなければその役割を果たせません。
ですのでエンジンオイルを持ち込みの際は、規定量よりも多めにご用意ください。
エレメントも同時に交換の場合も多めに。エレメント部分のハウジングの中もオイルで満たされていますので、プラス500㎖~くらいは予定したほうがご安心です。

オイルが足りない案件、結構あります。


 ドレンプラグもご用意

前回のエンジンオイル交換の際にドレンプラグガスケットやワッシャーを交換したかどうかの判断はつきませんので、なるべく新品のものに交換することをお勧めしています。

他の車種では、ドレンプラグはガスケットやワッシャーのみの単体販売もありますが、ポルシェではアルミ製のためプラグとガスケットASSY推奨です。


 下回り

これから作業を開始します。

廃エンジンオイルもあっつあつ。 
ご来店すぐに作業に取り掛かりますので、熱を帯びたエンジンオイルは適切に処理しなければ、火傷したりなど思わぬ事故となりかねません。
気をつけて処理します。

 エンジンオイルを抜くところ撮影失敗

画像がブレブレでした

 取り外したオイルフィルターはこちら

使用済みオイルフィルターを取り外し。
カートリッジ式なので、廃棄するときに分別の必要がなく非常に便利です。
フィルターケースは清掃して再利用します。

 こちらがハウジング側

オイルフィルターを取り外すときにもオイルがドサッと抜けますのでご注意が必要です。

フィルター交換後、エンジンオイルを規定値まで充填します。
その後規定値までエンジンオイルを充填し、確認、テスターで調整が必要な場合はそちらも施工。

ご自身でも交換できるけれど「場所と工具がないと大変だし、廃油の処理も大変だもんね~」とお話を聞きます。
尚且つ、交換すればいいというものではなく油量調整や交換後のコンピュータリセットが必要な車種も増えてきたためDIYメンテナンスも気軽に出来なくなってきましたね。


ご利用ありがとうございました。

 ワイズガレージではLINEも活用しています


【 How toお問合せ 】
お問合せの際は、下記車両データをご連絡いただくと、部品や工賃などのお見積りがスムーズです。
問合せフォームなどでお問い合わせいただく際は、下記内容をコピペにてご使用ください。

【車検証データ】
1.初年度登録:平成or令和   年   月
2.車名:
3.車台番号:
4.型式:
5.原動機の型式:
6.型式指定番号:
7.類別区分番号:

上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください。お気軽にご相談、ご質問ください!

トルコン太郎圧送交換・パーツ持ち込み交換整備ご相談はお気軽に

  お電話・お問い合わせフォームよりご連絡ください

関東陸運局認証工場
ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
https://www.ysgarage.com
定休日 毎週 日曜日・月曜日・祝日 各大型連休
営業時間 9:00~19:00 土曜営業

ご連絡は携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
でも受け付けてます。携帯からもOK!



修理・整備の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話で相談→
LINEで見積→
メールで見積り→