三鷹市 トルコン太郎でATF圧送交換 VWビートル 車検整備 ワコーズセーフティスペック使用 車検時定期交換 平成19年 1YAZJ 東京 三鷹 武蔵境 ワイズガレージ ワイズガレージ 山吹自動車

画像

  • HOME
  • 車検
  • トルコン太郎でATF圧送交換 VWビートル 車検整備 ワコーズセーフティスペック使用 車検時定期交換 平成19年 1YAZJ 東京 三鷹 武蔵境 ワイズガレージ

トルコン太郎でATF圧送交換 VWビートル 車検整備 ワコーズセーフティスペック使用 車検時定期交換 平成19年 1YAZJ

 車検でご入庫のビートル

車検整備にてご利用、ATFの汚れが目立ったため圧送交換での交換をお勧めしました。
特に不具合があるわけではありませんが、リフレッシュにてご案内。
オイルメンテナンスは定期的にこまめに施工するとお車の持ちも違ってきます。
特に駆動系のトランスミッションのメンテナンスは、乗り心地を司る部分であることはもちろん燃費にも影響を及ぼします。
ATでアクセルを踏んだ時に次のシフトまで引っ張るような感覚、アクセルの反応が遅くなったと感じ始めたら圧送交換お試しのタイミングです。

トルコン太郎は大掛かりな整備と思われがちですが、圧送交換のみのベーシックコースですとご来店当日数時間での施工完了可能な整備です。

点検・整備のトップページ
日本車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
輸入車事例一覧 トルコン太郎 圧送交換メンテナンス
フォルクスワーゲン メンテナンス一覧

 圧送交換には専用のアタッチメントが必要

トルコン太郎での圧送交換自体がまだまだマイナーな整備なのでしょうがないのですが、その理由があるのです。
トランスミッションには日本車に多いATやCVTをはじめ、輸入車でよく使用されているDCT、DSGなど様々な種類がありその形状は様々、圧送交換をするためのオイル抜取口と挿入口のアタッチメントが膨大に必要、そしてそのアタッチメントを取り揃えるには莫大な費用が掛かるため、施工したくてもできないという現象が起こります。

ですが、ご安心ください。
ワイズガレージでは輸入車のトランスミッションでも対応できるようそのアタッチメントをご用意しています。
こちらのビートルのクーラーラインにアクセスするためには、エンジンルーム内のパーツをいくつか取り外す必要があります。
フォルクスワーゲン車両は輸入車の中ではナンバーワンにアタッチメント取り付けに手間暇がかかりますね~。

今回使用のATFは、ワコーズのセーフティスペックを使用します。
ATFを点検してみたところ、かなり真っ黒のATFだったため最大1ペール圧送でのお見積りをご提案。

 圧送交換開始

トルコン太郎では廃油を抜くホースと新油を圧送するホースは分離しているため、決して廃油と新油が混ざり合うことはありません。
圧送交換する油量を設定して、クーラーラインモードで圧送交換・全自動交換スタート。
設定した油量(まず1回目は7リットル)までは、自動的に圧送交換をしてくれます。

圧送交換をしながらもトルコン太郎に内蔵されているフィルターを通しスラッジや残留物などをろ過してトランスミッション内に圧送循環させています。

 これがトランスミッション内の廃油の状態

トルコン太郎のモニター(透明のドーム型のもの)は、それぞれのフルードの状態が見られます。

一番左が 新油モニター
真ん中が クリーニング中のオイルモニター
一番右が 廃油モニター

画像は圧送交換当初にトランスミッション内から抜き取られ始めた廃油です。
数万㎞は未交換だったため、その色は真っ黒です。

 圧送交換中

廃油を抜き取りながら、新油を給油してく作業が続きます。

 2回目の圧送交換ではすっかりきれいに

圧送交換を2回施工しました。
かなり真っ黒だったため、多量のオイルを使用する可能性を考え油量は大目にお見積りしていましたが、圧送にかかる油圧の状態も申し分なくトルコン太郎もしっかりと圧送することが出来たようで、2回目のクリーニング中にはほとんど新油と変わらない状態まで交換が完了。
クリーニングモニター内のATFが、現在のトランスミッション内ATF状態のため、しっかりと交換できたことが分かります。

今回は定期交換のため違和感やショックなどがあったわけではありませんが、乗り慣れた車がアクセルを踏んだ時に反応に変化を感じていただけると思います。
もちろん、他の車検整備もしっかり完了、陸運局へ車を持ち込んで車検受検も完了です。
ご利用ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワイズガレージではお車の状態に合わせて、選びやすくコースを設定しています。
もちろん、現在の状態がご自身では判別できない場合は症状によってご提案いたしますのでご安心ください。


【ベーシックコース】・・定期交換がなされているお車やお試しでトルコン太郎を使用してみたい方へお勧め
スラッジを巻き上げることなくトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させ、ミッション内部をクリーニングしながら交換ができます。
定期交換、お試しに交換してみたいな、という方にお勧めです。


【スペシャルコース】・・過去の交換履歴が不明なお車、10万km超の過走行車にお勧め
オイルパンを脱着し、オイルパン内部の鉄粉やスラッジをクリーニングしストレーナ等も交換したのちにトルコン太郎にてトルコンチェンジャー内に内蔵されるフィルターで汚れを除去しながら循環させミッション内部をクリーニングしながら交換します。
変速ショックなどを感じている、今まで一度も交換したことがない、走行距離が10万kmをこえているなど。


【お問い合わせの際には】
ヨーロッパ車など輸入車にも圧送交換対応。車種別のアタッチメントをご用意していますが、種類が多岐にわたるため実車を確認しての圧送交換の確認、問診のお時間をいただいています。
その際は下記情報をご連絡ください。車検証に記載があります。


【 車 名・車種 】
【 初 度 登 録 年 月】
【 車 台 番 号 】
【 型 式 】
【型式指定番号・類別区分番号】

・現在の走行距離のご連絡
・過去の交換履歴があればその際の走行距離

・現在のお車の状態や症状など

ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワイズガレージではLINEも活用しています。
LINE
だと故障個所、車検証やお見積りの画像が簡単に送れますので便利です。
お気軽にご相談、ご質問ください!

トルコン太郎を使用してのATFやCVT、DSGフルード交換はお見積もり可能です。
車の部品や油脂類にはその車に適合するものを必ず使用しなければなりません。
純正、社外品にかかわらず取り扱いしていますので、ご希望なども併せてご連絡ください。


上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください。
お電話またはお見積りフォーム・お問い合わせフォームからお気軽にご相談、ご質問ください。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 

携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります

■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業時間変更のお知らせ~
6月1日より通常の19時閉店に変更しました

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる