三鷹市 ヘッドライト内部に水滴発生 BMW 116i 関東 東京 三鷹 ワイズガレージ 山吹自動車

サブページメイン画像

ヘッドライト内部に水滴発生
BMW 116i DBA-1A16
助手席側(左)既存ヘッドライトを再使用修理施工

 116iの持病、ヘッドライト内部結露(左)



雨の多かった今夏を過ごし、内部に溜まった水分が逃げられずにこもるお車が続出。

水分が侵入する原因はほぼ同じなのに、その発現している症状は個体でそれぞれ大きく違うものだなぁと思います。
もちろん、水滴の発生と蒸発を繰り返し、次第に水滴の発生する範囲が広がり粒が大きくなったりなどの過程を経験し、最終的に弊社にご来店いただく方も多いためほぼお手上げ状態のように見える車両が殆どです。

お話を伺うとやはり次第に症状がひどくなり、為すすべなく現在に至ったそうです。
弊社ヘッドライト内部水滴のブログを目にし、これは!とご依頼いただいたとのお話です。

そうです、ヘッドライトは機能的に内部の機能が壊れていない状態で、水滴の除去と再発の対策さえ施工してしまえば問題なく使用できます

まだヘッドライトの点灯状況などに異常はないけれど、ゆくゆくはヘッドライトコンピュータにも水分が影響してしまってはいけないため、なる早でご入庫いただきました。


BMWのほかのメンテナンスはこちらの一覧からどうぞ

BMW ヘッドライト内部水滴 解消&対策整備入庫一覧
BMW メンテナンス一覧

 左ヘッドライトはびっしりの細かい水滴

ヘッドライト内部全体に膜が張ったように、細かな水滴が所狭しと。
水蒸気がヘッドライト内部に継続的にまんべんなく侵入しているのでしょう。

この状態のヘッドライトは、車検の際に水滴にヘッドライトの光が乱反射し車検合格のための光量が出ず車検が不合格になることがあります。

 もっとクローズアップ・水滴びっしり

以下、ほかのブログでも記載しています内容をコピペにてご案内。

BMWのヘッドライト(特に左側)が水滴でくもる症例、じつは車の構造によるものです。
そのため、新車でもこの症状に悩まされる場合もあります。


エンジン回りの湿気がうまく排出されず、水分がヘッドライト内部に侵入してしまうルートが意図せず確立されてしまった場合に起こる現象。
この対策品(名称を失念)を取り付けることによって、適切な箇所への湿気の排出の誘導が出来るように。
対策部品に取り換える前にしっかりとレンズ内の水滴の除去作業をし、対策部品を取り付けます。
この作業を怠ると、水滴はまだ残ったままとなってしまうことも多いので慎重に時間をかけて作業いたします。

水滴除去&対策の整備内容としては
①車体からのヘッドライト取り外し
②ヘッドライトのチェック
③ヘッドライト内部の乾燥
④対策部品の取り付け
⑤車体へのヘッドライトの戻し作業
⑥しばらく時間をおいてのチェック(様子見)

です。
まずチェックと乾燥に時間がかかるため、数日~1週間ほどのお車のお預かり予定の中で対策整備を施工します。




※ほかにも経年車についてはコーキングの劣化などからの水分の侵入などの可能性もあります。この対策部品によって症状が改善されたお車も多くありますが、なかには症状が再発してしまうお車もあります。その際は無料再作業の対象外となりますことをご了承の上での作業受け付けとなります。
2022年現在その再発のハードルを探求心で克服し、再発ほぼゼロ!(稀に再発のお車もありますが、お渡しから3か月以内の再発は無償再施工をお約束)

 早速左ヘッドライトを車体から取り外します

タイヤハウス側からアクセス、ヘッドライト後ろ側のカプラーを取り外し、そこには、、、

 水分がここにも

カプラーの受け部分にもしっとりと水分の存在が見えます。
画像だとしっとり感が伝わりづらいのがもどかしい。

 カプラー側にも水分

ヘッドライト表面部分だけに水分が結露するわけではないんですね。
これがひどくなるとショートしてカプラーが溶ける場合もあります。
そうなると、カプラー交換などの追加作業が必要になり追加費用が掛かる場合があります。

次にヘッドライト内部にどれだけ水分が入っているのか確かめてみました。

 ジャバジャバと水が

車体から取り外したヘッドライトを逆さまにしてみました。

想像よりも大量の水が。
水分ではなく水、の感触です。

まだまだ内部でパチャパチャ音がします。

 出るわ出るわどんどん出ます

想像以上の水が。
目に見えている個所(ヘッドライトの表面部分)の水滴にばかり気を取られてばかりではいけないと気持ちを新たにしました。
内部にその水分が溜まっている可能性がこれだけあるんですね。

 それでもまだまだこれだけの水分が残っています

今回は曇っている状態をかなり詳細に撮影していたのに、途中経過がほとんどなく。
これが最後の一枚でした。

今回はヘッドライトのポジションランプが不点灯になる・ウィンカーがハイフラッシャー(ハイスピードでウィンカーが点滅する状態)になるなどの不調が幸い無かったため、ヘッドライトをしっかりとゆっくり乾燥させ、各必要箇所に整備をしたら施工は完了です。


これで作業は完了、オーナーのお手元へ。
ご利用ありがとうございました!



【 How toお問合せ 】
お問合せの際は、下記車両データをご連絡いただくとお見積りがスムーズです。
問合せフォームなどでお問い合わせいただく際は、下記内容をコピペにてご使用ください。

【車検証データ】
1.初年度登録:平成or令和   年   月
2.車名:
3.車台番号:
4.型式:
5.原動機の型式:
6.型式指定番号:
7.類別区分番号:


上記データで個人の特定は出来ませんので、ご安心の上ご連絡ください。

ご相談はこちらからお気軽に

経験豊富なスタッフやメカニックが様々なご相談にお応えします。

こちらのQRコードを読み込み、またはアカウントにて検索!

  お電話でもLINEでもお気軽にお問合せください。


ワイズガレージ

181-0016 東京都三鷹市深大寺2-19-2
定休日 毎週水曜・祝日 
営業時間 9:00~19:00 土日営業 


携帯電話からもご利用いただけます
フリーダイヤル 0120-21-3430
固定電話 0422-31-0430
で受け付けております。携帯からもOK!

お見積り・お問合せフォーム でも受付しています。気軽にお問合せください。



【新型コロナに関するお知らせ】


2020年4月頭から新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、5月末に解除されましたがまた2021年1月7日より二度目の緊急事態宣言発出されました。

今までも室内の換気、除菌等気を付けてまいりましたがこれからもより一層の配慮をいたします。

【当店より】
■店内は常時換気を行っています
■お車へはシートカバー、ハンドルカバーなどにて直接触れないようにしています
■従業員はマスクを着用して業務にあたります
■各座席にはパーテーションを設置

【お客様へ】
■ご予約日当日、体調が優れない・熱があるなどの諸症状がある場合はご来店をお控えください。ご予約の振り替えは常時受付していますのでご一報ください。

~営業日時変更のお知らせ~
2022年8月より 毎週日曜・月曜定休へ変更します。
祝日、大型連休も引き続き定休です。
営業時間9:00~19:00

ご来店のお客様がなるべく重複しないよう、ご来店時間などの調整をお願いしています。
ご協力をお願いいたします。

修理・整備の他のページ

カートに
入れる
気になる